角川文庫<br> 消失〈中〉―金融腐蝕列島・完結編

電子版価格 ¥907
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
消失〈中〉―金融腐蝕列島・完結編

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 621p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041643259
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

融資先企業をめぐるライバル行との駆け引きを経て、金融庁の厳格検査を乗りきったJFG銀行中之島支店長の竹中は、人事・総務担当の常務執行役員として東京に戻った。金融庁のあからさまな「JFG潰し」に対抗するためには、資本不足を補う大型増資が必須だったが、行内では「グリーン化作戦」と称する旧東亜銀行系への露骨な排除が始まり、内部抗争で混乱がつづく。組織の方針の前に、公平な人事を目指す竹中は苦悩するが…。

著者紹介

高杉良[タカスギリョウ]
作家。1939年東京生まれ。専門紙記者・編集長を経て、75年『虚構の城』でデビュー。以後、綿密な取材に裏打ちされた企業・経済小説を次々に発表。97年、『金融腐蝕列島』で銀行不祥事を暴き、ベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)