角川文庫<br> 寺山修司少女詩集 (〔平成17年〕改)

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

角川文庫
寺山修司少女詩集 (〔平成17年〕改)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月16日 10時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 364p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041315279
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0192

内容説明

少女の心と瞳がとらえた愛のイメージを、詩人・寺山修司が豊かな感性と華麗なレトリックで織りなすオリジナル詩集。

目次


ぼくの作ったマザーグース

ぼくが男の子だった頃
悪魔の童謡
人形あそび
愛する
花詩集
時には母のない子のように

著者等紹介

寺山修司[テラヤマシュウジ]
1935年、青森県生まれ。早稲田大学中退。67年、演劇実験室「天井桟敷」を設立。演劇・映画・短歌・詩・評論など意欲的に活動。83年、敗血症により47歳で逝去
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

136
高校3年くらいから強烈な影響を受けた寺山修司の世界。孤独感、愛情への飢餓と裏腹な毒。そんな涙が作った海はまるで母性の象徴のようだ。彼のさまざまな側面を感じられるこの詩集は特にわかりやすく、また今読み返すとキラキラした郷愁と脆さを感じさせる。そしていまだに共感してしまう詩が多い。個人的には、「かなしくなったときは」「心臓」「愛の天文学」「けむり」「みじかい恋の長い唄」がとても好み。 2014/04/09

ヴェネツィア

136
短歌、俳句、詩、演劇と多彩なシーンで活躍していた寺山修司だが、今回は「少女詩集」。寺山本人が編集したのか、出版社によるものかは不明だが、タイトルに見られるように、比較的わかりやすい詩を集めている。ここでの詩のタッチは、中原中也の詩にもっとも近いかと思われる。「なみだ」、「海」、「宝石」、「愛」がキー・コード。また、篇中のいくつかの詩は天井桟敷のテラヤマ・ワールドを思わせるものや、「時には母のない子のように」など、カルメン・マキとアンダーグラウンドの時代を彷彿とさせるものもあって今は亡き寺山を偲べるものだ。2012/12/05

蓮子

98
読書リハビリも兼ねて再読。詩は普段そんなに読まないけれど、この詩集は特別。ふとした時に読みたくなる詩集です。ロマンチックでセンチメンタルな珠玉の言葉の数々。「一ばんみじかい抒情詩/なみだは/にんげんのつくることのできる/一ばん小さな/海です」2016/06/24

masa

84
君の涙があまりに詩的だからと紙に落としても、滲むだけで手紙にはならなかったのです。涙は水に化学変化し、詩だった証拠を失くしてしまう。さっきまでは確かにことばを含んでいたのに。何かを書きとどめようとすることは、それに似てとても難しいことです。やがて記憶から消されたはずの一行と残されたままの一行が交わり、古びて汚れていくことで人生になるのです。消された愛だけが思い出になる、さよならだけが人生だと言うならば、僕は思い出を捨て、繰り返し読む小説のような世界の涯てで、物語を引き算して最後まで残る君を愛したいのです。2019/05/20

つねじろう

79
不思議な縁を感じるこの詩集。16の時に同級生の女の子に手渡され44年後読メの素敵な女性の同級生からまた手渡された。ドラマチックでロマンチックでしょ?まさにそんな詩集。最初に読んだ時言葉の鮮度とリズム、ほとばしる感性と発想の豊かさやその向こう側の孤独に衝撃を受けた。イチコロだったのに悔しさと嫉妬で「どうだった?」って聞いてきた彼女に「好きじゃない」と応え「がきめ!」と言われフラれた。好きだったのに。でこの年になって恐る恐る頁を捲るとその年を取らない光輝く生の言葉達に再びやられた。がきの自分が蘇った。2016/12/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/562876

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。