角川文庫<br> ポケットに名言を (改版)

個数:

角川文庫
ポケットに名言を (改版)

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年10月25日 11時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 184p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041315248
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

世に名言、格言集の類は数多いけれど、本書ほど型破りな名言集は珍しいのではないか。歌謡曲あり、懐かしい映画のセリフあり、かと思うと、サルトル、サン=テグジュペリ、マルクス…。しかつめらしく覚えたり、読むのではなく、Tシャツでも着るようにもっと気軽に名言を自分のものにしよう!思い出にすぎない言葉が、ときには世界全部の重さと釣り合うことがあるのだから。異彩を放つ、真にユニークな書。

目次

1 言葉を友人に持とう
2 暗闇の宝さがし
3 好きな詩の一節
4 名言
5 無名言
6 時速一〇〇キロでしゃべりまくろう

著者等紹介

寺山修司[テラヤマシュウジ]
1935年、青森県生まれ。早稲田大学中退。67年、演劇実験室「天井桟敷」を設立。演劇・映画・短歌・詩・評論など意欲的に活動。83年、敗血症により47歳で逝去
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

162
寺山氏らしい型破りな名言集。古い洋画の中の名セリフ、思想家・哲学者の言葉、著名な詩や小説の一節も並ぶが、なぜかやくざのスラングなんかもあって面白い。でもこれ相当古くて今はあまり使われてないんじゃないかと思う。そして最後に、寺山氏自身の言葉がいくつか載っているのだが、高校時代に感動した「なみだは人間の作るいちばん小さな海です」という言葉より今は、「人類が最後にかかる、一番重い病気は「希望」という病気である」なんて言葉のほうに現実味を感じてしまうのがちょっと悲しい。 2014/05/10

めろんラブ 

162
名言集(寺山修司セレクト)。言葉に対して依存症だったのではないかとすら思える寺山氏。氏にとって言葉は、常に寄り添い、救われ、時に格闘する対象であり、いつしか融合して、最終的には対象ですらなかったのでは。つまり、自身が変態して言葉自体になったような・・・。偏執的とも思える大量の作品群がそれを物語っている。こちらはそのようなモンスターが選んだ名言たちで、元になっている作品や前後の文脈を知らないものが多く、私には難解な印象。教養の差、ここに極まれり(涙)。背伸びをせずにMyセレクトを増やしていこうかな♪2012/10/02

やすらぎ

147
ピアニストだけは殺さないでくれ。…人間の葛藤は詩となり後世に繋ぐ。名言のない時代は不幸だが、名言を必要とする時代はもっと不幸だ。…先人の言葉は人生と同様、明暗に満ちている。✨三本のマッチ一つ一つ擦る夜、はじめのは君の顔をいちどきに見るため、次のは君の目を見るため、最後のは君のくちびるを見るため、残りの暗闇は今のすべてを思い出すため。君を抱きしめながら✨…人は皆、詩人である。ときに喜び、ときに悲しむ。泣くことも一種の快楽である。…重いな。これは何だ。夢のかたまりさ。世界の終わりが明日でも、林檎の種を蒔こう。2021/09/19

蓮子

110
再読したくて買い求めました。さくっと読めます。寺山修司が選ぶ珠玉の言葉の数々。本書を読んでいると引用された元の本や映画などに興味が湧きます。ボクサーになることを断念して「言葉で人を殴り倒すことを考えるべきだと思った」という彼の言葉のセンスには脱帽です。私も自分だけの「名言」を持ちたい。そして沢山の「言葉」に、「作品」に、出会いたい。「私には、忘れてしまったものが一杯ある。だが、私はそれらを「捨てて来た」のでは決してない。忘れることもまた、愛することだという気がするのである。」忘却は優しさでもあると感じた。2016/10/07

kinkin

107
この本が初めて出版された頃、タイトル通りダブダブのオーバーオールのポケットに突っ込んで粋がってジャズ喫茶にしていた自分がいた。今でも読んでよくわからない名言を酒に酔って口にしていた自分がいた。周りが年上ばかりだったので多少のタメ口も許されたせいかひどい口を訊いて殴られそうになった自分がいた。久しぶりに読んでその頃のいろいろな出来事が頭の中を駆け巡る。「花に嵐のたとえもあるさ、さよならだけが人生だ」井伏鱒二。この言葉を知ったのもこの本だった。3500冊目は寺山修司になりました。2021/02/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/572401

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。