角川文庫<br> スポーツ版裏町人生 (改版)

  • ポイントキャンペーン

角川文庫
スポーツ版裏町人生 (改版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 216p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784041315200
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinupon

13
すべての話に男の背中を感じます。2014/07/18

4fdo4

12
大概が、転げ落ちていったスポーツ選手の話と、寺山修司の人生の交錯した話なのだが、浮世離れした物が多く、創作かと思いきや聞いたことのあるスポーツ選手も出て来たので、どこまでフィクションなのか良くわからない。寺山といえば、競馬とボクシングが好きだったなと思える一冊。2021/01/30

KF

3
昭和中期の話。どこまでノンフィクションでどこからフィクションなのか判然としない。競馬に関心が無いので大半の章がもうひとつ楽しめなかった。最後の方にファイティング原田に敗れた青木勝利のエピソードがあったが丁度先日youtubeで観たところだったし知ってる話だったので一番印象に残った。 https://youtu.be/j7JVQGRSpRo2017/05/03

あた

2
競馬を若かりし頃、始めたきっかけがこの本。歳を経て再読したが、寺山修司のさまざまなスポーツへのレンジの広さに驚く。また、「政」「桃ちゃん」の寺山との会話が生き生きと感じる。勝者ではなく、敗者に目を向けること、敗者に対して甘い情をかけるのではなく、傍らで一緒にその敗者と話をしている印象を受ける。文章もリズミカルでスポーツ好きの人はきっと引き込まれるはず。ちなみに、私は「この本」で逃げ馬が好きになりました。2018/06/23

SU

2
寺山さんの文は味が有ると思います。袴田さんの事も書いて有りました。2014/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/84385

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。