角川文庫<br> 光源氏ものがたり〈中〉

電子版価格 ¥626
  • 電書あり

角川文庫
光源氏ものがたり〈中〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041314364
  • NDC分類 913.36
  • Cコード C0195

内容説明

明石から都に戻った源氏は、太政大臣に昇進する。広大なお屋敷に、紫の上、花散里、明石の上、玉鬘、秋好中宮など、付き合いのある女性たちを一堂に集めて、富と権力の全盛を極める。しかし、栄華は続かず、最愛のパートナー紫の上が大病を得て、死を迎えた。最大の愛を失った源氏は、この世はまぼろし―と立ちつくす。人生の頂点から黄昏への移ろいを描き尽くす田辺源氏入門。「薄雲」から「幻」までを収録。

著者紹介

田辺聖子[タナベセイコ]
1928年、大阪生まれ。樟蔭女専国文科卒。64年『感傷旅行』で芥川賞、87年『花衣ぬぐやまつわる…』で女流文学賞、93年『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞、94年菊池寛賞、98年『道頓堀の雨に別れて以来なり』で泉鏡花文学賞を受賞する。2000年文化功労者に。08年に文化勲章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)