角川文庫<br> 花はらはら人ちりぢり―私の古典摘み草

電子版価格 ¥528
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
花はらはら人ちりぢり―私の古典摘み草

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 228p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041314296
  • NDC分類 910.2
  • Cコード C0195

内容説明

「もうどうでもいやになりました」と初恋のお関につぶやく車夫、録之助―樋口一葉「十三夜」。「水島さん」にひたすら憧れながら打ち明けられない少女豊子―吉屋信子「花物語」。破滅をいましめつつも恋のぬかるみに足をふみ込む赤良の狂歌。極北の絶望にむしろ力を得たり、少女の可憐にエールを送り、愛とエロスに酔いしれる。今も昔も変わらない恋する心の花びらを摘んで束ねた、お聖さんの古典案内。長谷川青澄画伯の美しい挿画入り。

目次

虚無のつぶやき―一葉『十三夜』
むかしの歌声
しがねえ恋の情けが仇―歌舞伎台本『与話情浮名横櫛』
夢みる花々の物語―吉屋信子『花物語』
夫婦は寄り合い過ぎ―西鶴『万の文反古』
美の金粉―西条八十詩集
小宰相入水―『平家物語』
よその女房―『武玉川』
お江戸の桃太郎―黄表紙の世界(その一)
千手観音のご商売―黄表紙の世界(その二) ほか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

森の三時

32
田辺聖子さんの古典(ロマン)案内。年輪を重ねた田辺さんが感じ入った作品をチョイスしたもので、田辺さんも若い頃とは感じ方が変わったと吐露している。必ずしも初心者向けのメジャーなチョイスではないかもしれませんけど、田辺さんの古典愛を感じます。古典は最初は違和感をおぼえても親しんでいくと愛しくなるのだ。古典とは言いがたいが昭和初期のものまで紹介されていました。→2019/07/07

野の花

5
古典の読書案内。「源氏物語」「枕草子」「平家物語」から江戸狂歌、歌舞伎のお富さん、怪談牡丹燈籠などバラエティに富んだ内容でした。江戸のパロディ絵本「桃太郎の後日談」とか千手観音が自分の千本の手を貸し出す商売の話とか面白い!ロマンチックで絵が好きな私には蕗谷虹児の叙情詩や吉屋信子の「花物語」の項が嬉しい!もちろん長谷川青澄の挿絵は必要不可欠。知識欲を満足させてくれる作品でした。2016/03/03

石橋

0
マニアックというかなんというか・・・。苦手。2010/10/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/69859

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。