角川文庫<br> 金属音病事件

角川文庫
金属音病事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 247p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041312087
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みい⇔みさまる@この世の悪であれ

1
☆×4.5…SFミステリーと、純粋SFと。何作品かは再読です。個人的に面白いなと感じたのは表題作かな。これは一応事件が絡んで犯人が露見したあとにある人が取った行動が実に「頭がいいな」と思わせてくれるのです。確かにそうすれば患者にとっては…それと「異臭の時代」もなんかいつの時代かこう言うことになりそうな気がしてちょっと恐ろしいな、と感じました。2012/03/18

Mattsu

1
某施設にあったので、時間つぶしに読んでみた。1975年頃の作品らしい。短編集であり、「SF」と言ってもいいかもしれない。シュールな結末が多いが、なんとなく”時代”を感じることができ、それなりに楽しめた1冊でした。2010/11/04

lll。

0
.2017/07/20

kanamori

0
☆☆☆2010/10/09

まあちゃん

0
地下鉄駅の、貸し出し本。タイトルにひかれ手に取る。SFの短編集。犯人の女を前にして、男二人が謎解きするが、女の表情の描写もなく、本人を説い質すでもない。消化不良。2013/10/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/331233

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。