角川文庫<br> 二人で殺人を

角川文庫
二人で殺人を

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 239p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041312063
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Susumu Kobayashi

1
休職中の新聞記者瀬能公は大学時代の同級生で弁護士の我妹(わぎも)糸子の事務所を訪ね、二人で推理小説を合作しようという話になる。そこに糸子の知り合いで服飾デザイナー助手の湯桐奈美が相談に来る。勤務先のデザイナー美上みどりとその元亭主で写真家の田端孔(とおる)の会話を漏れ聞き、私立探偵に調べさせたいので紹介してくれと言うのだ。糸子は瀬能を私立探偵だと紹介してやる。小説のネタでも見つかるかもしれないと思ってのことだった。その翌日、美上の助手の一人江口君子が服毒自殺をするという事件が起きる。軽本格というのかな。2015/09/22

kanamori

0
☆☆★2010/10/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/287989

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。