角川文庫<br> 一本の鉛 (改版)

角川文庫
一本の鉛 (改版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 271p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041312018
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

女性ばかりの住む白雪荘。その一室でバー『デラ』のホステスあかねが絞殺された。現場には常連客の大田垣が呆然と立ちつくしていた。警察は殺人容疑で大田垣を逮捕するが、『デラ』のママ杏子は、大田垣の温厚な性格からして彼が犯人だとは思えない。彼女が知人の弁護士海老沢とともに独自の捜査を展開すると、白雪荘の住人たちの意外な奇癖が…。そこに隠された驚愕の真相とは。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はんげつ

3
佐野洋、長篇もいいじゃん……。密室状況に被害者と一緒にいた男の無罪を証明しようとするユダの窓的な展開が大筋ですが、そこは佐野洋、犯人・手段・動機といったありきたりな謎だけで興味を掴むような語りはしてきません。絶妙に行き先を悟らせないから、ああこういう話だったのかという、快感が増す。それが「一本の鉛」という不思議な題名の意味へと帰着して、ウマイッ!と唸る。自分はこれだけでも満足なのですが、意外に(?)ロジカルな消去法で犯人を指摘してみせる段もあったりして、もう大満足です。いいぜ佐野洋……2019/08/08

星屑の仔

2
時代もあるのだろうが、会話文がとても古臭いのと、登場人物の区別がいまいちつきずらい。そして同年代のミステリにも言えることなのだが動きが非常に少ないのが気になる。事件の捜査のほとんどが参考人への聞き込みしかないので、主人公たちの活動に躍動感が見られない。ただあっちに行って話を聞く、こんどはこっちに行って話を聞く、じゃあ集まって情報の整理だ、の繰り返しなので読んでいてどうしても飽きる。 作品全体として伏線の張り方に関しては感心できる分、ちょっと残念。2017/06/06

kanamori

0
☆☆☆2010/10/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/188405

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。