角川文庫<br> ブランド

個数:
電子版価格
¥836
  • 電書あり

角川文庫
ブランド

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年05月30日 16時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041148549
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「ねえ。『喜び』って言葉から、どんな風景をイメージする?」風呂上がりの妻から唐突な質問を受けた慎一は、眼を閉じてみると、ふいにひとつの景色が見えてきた。海から眺める東京に似た大都市。同じく想像したらしい妻は、自分は空にいるという。(「ティファニー2021」)一流ブランドには物語があり、人生の一瞬を輝かせる。著者が20年をかけてその一瞬を切り取ってきた珠玉の作品集。

内容説明

「ねえ。『喜び』って言葉から、どんな風景をイメージする?」風呂上がりの妻から唐突な質問を受けた慎一は、目を閉じてみると、ふいにひとつの景色が浮かんできた。海から眺める東京に似た大都市。同じく想像したらしい妻は、自分は空にいて雪を降らせているという…(「ティファニー2012」)。一流ブランドには物語があり、人生に一瞬の光を輝かせる力がある。著者が20年をかけてその光を切り取ってきた珠玉の作品集。

著者等紹介

吉田修一[ヨシダシュウイチ]
1968年長崎県生まれ。97年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞し、デビュー。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞、「パーク・ライフ」で第127回芥川賞を受賞。07年『悪人』で第61回毎日出版文化賞と、第34回大佛次郎賞を受賞。10年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞、19年『国宝』で第69回芸術選奨文部科学大臣賞、第14回中央公論文芸賞、23年『ミス・サンシャイン』で第29回島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

shun

6
2024年15冊目。自宅のベッドの上で読了。短篇集です。なぜタイトルがブランドなのか、インタビューを読まないとわかりませんでした。やはりこの作者のエッセイはいいですね。後半はほぼ旅本のようだったのでとても良い読書体験でした。2024/04/30

バナナカプチーノ

5
どうやら単行本でも読んでいたようですが、文庫化されたのでまた買って読みました。ブランドとのタイアップ企画などで執筆した短めのお話やエッセイが収録されてます。吉田修一さんのこの手の小品、エッセイが大好きです。とにかくセンスがいい、の一言に尽きる。「悪人」「国宝」などの大作も素晴らしいですが、こういう短編やエッセイにこそ、吉田さんの巧さが光りますよね。めちゃくちゃおすすめです。2024/05/09

2
短編集かと思ったらシリーズもののエッセイ?と思っていたら、著者が広告や雑誌の企画で書いた小説やエッセイを一冊にまとめたというものと知り合点。「発注いただきました!」の吉田修一版か。それぞれ書かれた時代にもかなり幅があるみたい。The Barのシリーズは最近のエッセイかと思ったらまさかの30代頃の話。どんだけ大人だったんだ。Night Colorシリーズも結構好き。ブータン紀行の話もいろいろと考えさせられることが多い。なんといっても全体的に心地よく読み進めることができていい。2024/05/29

チェス

2
短編。ふむふむ2024/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21873008
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。