角川文庫<br> ないものねだりの君に光の花束を

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

角川文庫
ないものねだりの君に光の花束を

  • 提携先に6冊在庫がございます。(2024年05月20日 02時16分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041138731
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

全てにおいて平凡で自分を〈永遠の脇役〉だと思っている高校生・影子。
同じクラスの真昼は普段は世間を賑わすアイドルで、勉強や性格も完璧な人気者だ。

そこにいるだけで目立つ彼はまさに〈永遠の主人公〉。

生きる世界の違う真昼に引け目を感じ距離をとりたい影子だったが、
一緒に図書委員を務めることになったのをきっかけに、
誰も知らない彼の陰の一面を知ることになる――。
心揺さぶる結末に涙が止まらない、青春純愛物語。


文庫版限定! アフターストーリー<掌編 尊い愛>を収録。


◇◇◇著者からのメッセージ◇◇◇

人はないものねだりをしてしまう生き物。
でも、自分のてのひらを見つめてみたら、当たり前すぎて
気づかなかった宝物が見つかるかもしれません。
そんな思いをこめて書いたお話です。
この物語がだれかにとって、光にはなれなくても、
よりそうぬくもりになれたら幸いです。

汐見夏衛




内容説明

全てにおいて平凡で自分を“永遠の脇役”だと思っている高校生・影子。同じクラスの真昼は普段は世間を賑わすアイドルで、勉強や性格も完璧な人気者だ。そこにいるだけで目立つ彼はまさに“永遠の主人公”。生きる世界の違う真昼に引け目を感じ距離をとりたい影子だったが、一緒に図書委員を務めることになったのをきっかけに、誰も知らない彼の陰の一面を知ることになる―。心揺さぶる結末に涙が止まらない、青春純愛物語。

著者等紹介

汐見夏衛[シオミナツエ]
鹿児島県出身。高校国語教師としての経験をもとに、悩みに寄り添う作品を目指して執筆活動を続ける。デビュー作『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』は若い世代を中心に話題を集め、大ヒットとなった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

31
全てにおいて平凡で没個性が悩みの高校生・影子。彼女が同じクラスの芸能人・鈴木真昼の隣の席になって、その意外な一面を知ってゆく青春小説。普段は世間を賑わすアイドルで、勉強や性格も完璧な人気者で永遠の主人公キャラの真昼と一緒に図書委員をすることになった影子。引け目を感じていた二人の関係が少しずつ変わってゆく中、突然のスクープによって激変してゆく周囲の反応や、SNSでの無責任な発言に翻弄される展開はなかなか厳しかったですが、それでも変わらなかった影子の献身と真昼の頑張りがもたらした結末はなかなか良かったですね。2023/11/24

アリス

12
以前、この本は単行本でも読んだことがあったが今回こうして文庫本という形で再会できた。単行本が書かれた直後にコロナ禍による芸能人の自殺がおこった。そのニュースを見た時に単行本のほうを読み返したが、やはりこの種の誹謗中傷って何の罪もない人がおこなっているのだなと思うとぞっとした。今回文庫本が出版された年もまた、芸能人による自殺がおこってしまった。このようなことから、中高生だけでなく大人から子供まで今の時代スマホを使うようになぅて来ている。そして、この作家の本は全世代に読んでほしい本である。2023/12/31

srmz

3
タイトル通り「ないものねだり」で隣の芝は青く見えるこの世界。自己肯定感がさほど高くない主人公2人が魅せる物語を通して「自分にとっての普通が実は特別なこと」と気づかせてくれた一冊。また、「誹謗中傷がなくなるように願いつつも、傷ついた誰かに寄り添ってあげられる人がひとりでも増えますように」というメッセージも込められている。1人では乗り越えられないことも、自分の弱さを受け入れてくれる人が1人でもいれば救われる。さすが汐見さん読みやすくメッセージ性があっていい😊今の生活に感謝しながら、大切な人を守っていきたい✨2024/03/22

万論

3
んー。って感じかなぁ。「確かにね」としか言いようが無い。伴走って言うのがいいのか、共にあってくれる人に出会えて良かったって、しみじみ思う。2023/12/23

あんのまるこ

0
なんでもない日常に潜む〝普通〟が実はかけがえのない〝特別〟だということに気付かされました。2024/01/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21619049
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。