角川文庫<br> ドミノin上海

個数:
電子版価格
¥1,056
  • 電書あり

角川文庫
ドミノin上海

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年05月30日 14時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 588p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041133200
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「『蝙蝠』が上海に入った」。豫園からほど近い路地裏の骨董品店に緊張が走った。門外不出のお宝が闇のルートで輸入されたのだ。虎視眈々と狙う店主だが、なぜか問題の品は、人気急騰中のホテルの厨房に流れ着いていた……。かつて東京駅で数奇な運命を共にした面々に、一癖も二癖もある人物たち、さらには動物園脱出を目論むパンダも加わって、再び運命のドミノが倒れ始める! 予測不可能、爆笑必至のパニックコメディの金字塔!!

内容説明

「『蝙蝠』が上海に入った」。豫園からほど近い繁華街の骨董品店に緊張が走った。窃盗されたお宝が闇のルートで輸入されたのだ。虎視眈々と狙う店主だが、なぜか問題の品は、人気急騰中のホテルの厨房に流れ着いていた…。かつて東京駅で数奇な運命を共にした面々に、一癖も二癖もある人物たち、さらには動物園脱出を目論むパンダも加わって、再び運命のドミノが倒れ始める!予測不可能、爆笑必至のパニックコメディの金字塔!!

著者等紹介

恩田陸[オンダリク]
1964年、宮城県生まれ。91年、第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年、『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞、第2回本屋大賞を受賞。06年、『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)。07年、『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞。17年、『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mae.dat

286
『ドミノ』から5年後の勿論上海が舞台。前作を知らなくても問題無く読めそうですが、設定を引き継いでいるエピソードもあるので、読んでおいた方がより良さそう。そもそもの水先案内人である「ご挨拶」を見るだけでもね。見比べ推奨。今回の主要登場人物は28名。うち10名が引き続いてのご登場となっているのよ。結婚されている方が居て、ジョブチェンジしている方がいて。相変わらずのドタバタコメディですが、前作と違って一節が長くてね。細切れの方がドミノ感(謎)があった様に思いますが、心境の変化か何かかしら。ラス前は加速するけど。2024/02/07

タツ フカガワ

101
前作から5年後という設定の続編は中国上海が舞台。その地でホラー映画監督クレイヴンのペット、イグアナのダリオが非業の死を遂げるところから始まるドタバタ・コメディ。25人と3匹の動物(うち1匹は霊魂)が繰り広げる騒動に今回も大笑いでした。前作同様、特定の主人公が活躍するという内容ではないのですが、本作では凶暴パンダ厳厳(ガンガン)とダリオにいちばん笑った。電車内読書では要注意です。2023/05/29

yoshida

100
東京駅を舞台とした前作「ドミノ」。舞台を上海に移した続編。密輸された「玉」を巡り、再びドタバタしたエンタメ劇が展開される。上海の様々な場所にいる人々。そして一頭のパンダ。様々な偶然が重なり彼等は高級ホテル「青龍飯店」へ引き寄せられる。バタバタした展開から訪れる奇跡の収束。一定の面白さはある。だが、どうしても偉大な前作と比較してしまう。風呂敷を広げすぎたかもしれず、やや冗長な感は否めず。前作の登場人物と、新たな登場人物もおり、どうしても頁数は長くなってしまうのだろう。読了まで日数は必要かな。楽しめました。2023/07/09

佐々陽太朗(K.Tsubota)

85
前作『ドミノ』はいわば「合縁奇縁・阿鼻叫喚・一気呵成・右往左往・紆余曲折・各人各様・奇想天外・急転直下・狂瀾怒涛・元気溌剌・才気煥発・多士済々・多事多難・波瀾万丈・抱腹絶倒」的小説であった。そして今作『ドミノin上海』はそれに加えて「気宇壮大・日中友好・奇々怪々・咄咄怪事・狂瀾怒濤・形勢一変・連鎖反応・予測不能・邂逅相遇・天佑神助・三界流転」的小説であると言っておこう。これを読んでも何のことだかわからないだろうが、そんな小説なのだから仕方がない。これほど楽しい小説もめずらしい。恩田氏の希有な才能に脱帽。2023/03/26

H!deking

84
前作が面白かったので待ちに待った文庫化。今回も楽しませて頂きました。あとがきで長期間連載されていたのを知ったけど、一気読みしても、あれ?これ誰だっけ?ってなったので、連載読んでた人はモヤモヤしそうですね笑 映画化したら面白そう!2023/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20581555
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。