角川文庫<br> 紙屋ふじさき記念館―結のアルバム

個数:
電子版価格 ¥374
  • 電書あり

角川文庫
紙屋ふじさき記念館―結のアルバム

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年02月22日 02時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041131794
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

感染症の世界的大流行の影響で、記念館の閉館イベントは中止。
そんな中、百花(ももか)は大学4年生となり、リモート環境下で卒論と就活に取り組むことになった。
突如姿を変えてしまった日常に、不安や理不尽さを感じながらも、百花や大学の仲間たちは現実に精一杯向き合っていこうとする。
そんな中、ついに藤崎産業の採用試験が始まり、百花は面接で「和紙」の意義とは何かを改めて突きつけられることに。
一方の一成(かずなり)は、新記念館の再建のために何やら動き出しているようで……?

紙のぬくもりが教えてくれる。
今は離ればなれでも、私たちはひとりじゃない。
人と人との絆を描く、心うるおす大人気シリーズ第6巻。

内容説明

感染症の世界的大流行の影響で、記念館の閉館イベントは中止。百花もリモート環境下で卒論と就活に取り組むことになった。突如一変してしまった日常に不安や理不尽さを感じながらも、百花や大学の仲間たちは現実に精一杯向き合っていこうとする。そんな中、ついに藤崎産業の将用試験が始まり、百花は面接で「和紙」の意義とは何かをあらためて突きつけられる。一方の一成は新記念館の再建のために何やら動き出していて…?

著者等紹介

ほしおさなえ[ホシオサナエ]
1964年、東京都生まれ。作家・詩人。95年「影をめくるとき」で第38回群像新人文学賞優秀賞受賞。2002年『ヘビイチゴ・サナトリウム』が第12回鮎川哲也賞最終候補作となる。16年『活版印刷三日月堂 星たちの栞』が、第5回静岡書店大賞“映像化したい文庫部門”を受賞、人気シリーズとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんごろ

244
新型コロナ感染が流行し始めた頃を思い出す。緊急事態宣言、蔓延防止、三密、リモートワークなど、いろいろな聞き慣れない様々な言葉が飛び交い、様々なイベントも中止。学生にとって、思い出に残るようなことも奪われ辛いだろうなと思った。そんな中、できないなりに知恵を絞り、頑張る小冊子研究会のメンバーが逞しく思えた。百花も卒論など忙しい中、久しぶりに“できるかな”を彷彿させる工作シーンが、相変わらずいい。出番は少なかったが、一成も密かに動き出していて、格好良かった。とりあえず、百花、おめでとう。莉子もおめでとう。2023/02/19

寂しがり屋の狼さん

155
シリーズ6冊目📚感染症(コロナ)の世界的大流行で、記念館の閉館イベントは中止。百花もリモート環境下で卒論と就活に取り組むことに…(⁠◕⁠ᴗ⁠◕⁠✿⁠)コロナ禍ってこんな感じだったよね…すでに過去の出来事のようですが、リモートなどは今では当たり前になり、世の中が大きく変わりましたね。2023/09/09

のぶ

130
物語も一つの区切りを迎えましたね。今回はコロナ禍での環境が大きく反映して記念館の閉館イベントは中止となる。卒業を間近に控えた百花は就職問題を抱えるが、藤崎産業への面接に臨み無事内定を勝ち取る事ができた。学園生活ではリモート環境下で卒論に取り組むことになった。突如姿を変えてしまった日常に、不安や理不尽さを感じながらも、百花や大学の仲間たちは現実に精一杯向き合っていこうとする。読んでいてリモートがいかに無味乾燥なものかを痛感させられた。ただ最後は感動で締めくくられていて、今後に希望を持たせるものだった。2022/12/10

シナモン

129
シリーズ6作目。コロナ禍での大学生活はほんとに大変そうだったけど、困難な環境のなかでみんなで知恵を出し合って良いものにしていこうとする姿に感動したし、励まされた。 百花も晴れて就職も決まり、新しい記念館がつくられることになって(しかも川越!)、また新たなステージの始まりの予感が。他のほしおさんの作品と絡みも出てくるかな。続きが楽しみです。2023/01/08

KAZOO

123
このシリーズの最新刊で、主にこのコロナ下での主人公たちの日常などが描かれています。大学4年になって卒論や就職活動がこのような状況下で行われているのかがわかります。主人公の卒論はほかの学生とかぶらないようにと思いつつ指導教授のご専門の小川未明の詩や童謡についてということでまとめられたようです。また卒業して藤崎産業に就職も決まり、新記念館の候補地が川越に決まります。ほかの「三日月堂」「月光荘」シリーズとコラボしていくのでしょうか?2022/12/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20332261
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。