角川スニーカー文庫<br> 最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い〈9〉無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川スニーカー文庫
最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い〈9〉無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年08月11日 11時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 282p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041124222
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ゴードンたち反乱軍により劣勢となるアル陣営。レオ、エルナたち援軍が帰還を急ぐ一方、城に残ったアルの暗躍は着々と進行していく。そんな中、王国の守護聖竜が現れ――シルバーと対峙する! 帝都反乱編、終幕!!

内容説明

激化する帝都での反乱。ゴードンとザンドラの作戦成功のカギを握る虹天玉の争奪戦の末クリスタが人質に取られてしまう。救出のためゴードンと対峙するアルには絶対的な策があり―「ゴードン、あんたはこの世で一番強いものを持っていない。それを人は“絆”という。それで否定してやるよ。あんたをな」アルの暗躍、仲間たちの奮闘、さらにレオ・エルナたち援軍の到着でこちらに戦況が傾く中…連合王国の守護聖竜が姿を現し!?混沌とした状況下、遂にシルバーの超魔法が発動する!終わりゆく帝都反乱、その行く末と残される悪意とは…?最強皇子による縦横無尽の暗躍ファンタジー、終結の第9巻!

著者等紹介

タンバ[タンバ]
「小説家になろう」にて活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

25
ゴードンたち反乱軍により徐々に劣勢となるアル陣営。レオ、エルナたち援軍が帰還を急ぐ一方、城に残ったアルたちはそれぞれ何とかしようと奔走する第九弾。要となる虹天玉をゴードンたちから守るため各々が奮闘する兄弟たち、アルたちの機転や暗躍もあって制圧が思うように進まず焦るゴードン、そして到着した援軍と突如現れた王国の守護聖竜。刻一刻と変わる戦況での判断が明暗を分けた感がありましたけど、難しい立ち位置だったシルバーや帰ってきたレオたちの見せ場もしっかりあって、どうにかこうにか乗り切った激動の展開は面白かったですね。2022/04/03

こも 零細企業営業

22
三男ゴードンと次女サンドラの叛乱で父親の皇帝を城から出さないで拘束出来るかが勝負の分かれ目。皇帝は玉座の間で最強の護衛騎士に護られながら、反乱軍を蹴散らしている。守りに入られるとなかなか突破出来ない布陣。打開策に反乱軍は人質に皇族を捉えようと皇族を血眼で探しているが、出涸らしと呼ばれているアルが秘密の通路を駆使して取り残された皇族を次々と玉座の間に連れて来る。ついでに城の守りに重要な宝玉も関わって来る。その宝玉を数多く集めた方が城の結界を制御下における。それを一番下の皇子と皇女が奮闘する。2022/04/01

サケ太

13
遂に反乱決着。皇族たち、それぞれの戦い。その後の様々な勢力の変化が気になる。2022/04/12

火烏

5
ウィリアムがわからない。これから中ボスくらいに育つのかあ?2022/04/06

ラル

3
めちゃくちゃ面白かった。帝国内乱の山場は越えたか。虹天玉争奪戦のアルの味方をも騙す策略に加え、将軍の寝返り工作、時間稼ぎ、そして絶妙な盛り上がりでの援軍到着!エルナほんと好き。アロイスの活躍もかっこよかった。クリスタの婿はアロイスで良いのでは?と思わせる接触もあったが、双方にその気配は微塵も見られず(笑)そんな若人たちの手柄を奪うとこだった、危ねぇ危ねぇって一息ついてるセバスにも笑った。ここに来ても繰り返し掲示される皇太子の死について。エリク…お前はほんとうに白か?2022/06/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19423491

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。