角川文庫<br> カナコと加奈子のやり直し

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

角川文庫
カナコと加奈子のやり直し

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月24日 09時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 269p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041115114
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

母校に赴任した教師、菅野京平31歳は生徒に慕われ保護者対策もぬかりない有能教師。しかし、内心は人生への虚しさを感じる毎日だった。新学期の1日目、菅野はイシイカナコの幽霊に遭遇する。彼女は高3の冬、受験に失敗して自殺した。驚きの余りベランダから落ちた菅野、しかしなぜか意識だけ高3の時間軸へ飛ばされてしまう。同じクラスには生きている石井加奈子、そして自分がいた。「イシイカナコの人生やり直し事業に参加させてあげる」そう話す幽霊の申し出を止む得ない事情で受けた菅野だったが、ノーコントロールの幽霊は京平の意識を誤送球をしまくり、友人たちの身体を転々とさせられる。菅野は人生を、そしてイシイカナコの人生を変えられるのか? 「人生は失敗が許されないわけじゃない」少しビターな青春物語。

内容説明

母校に赴任した教師、菅野は校舎内でイシイカナコの幽霊に遭遇する。彼女は高3の冬、受験失敗で自殺した同級生だった。次の瞬間、菅野の意識は高3の時間軸へ飛ぶ。「人生やり直し事業に参加させてあげる」そこには生きた加奈子も自分もいた。仕方なく幽霊の申し出を受ける菅野。だが彼女のミスで、意識は友人たちの身体を転々とする。菅野は自分の、そしてカナコの人生を変えることができるのか?誰もが共感する切ない青春物語。

著者等紹介

額賀澪[ヌカガミオ]
1990年生まれ。茨城県行方市出身。清真学園高等学校卒業。日本大学藝術学部文芸学科卒業。2015年、第22回松本清張賞・第16回小学館文庫小説賞をダブル受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

37
いい先生として同僚にも羨望の眼差しを送られる教師・菅野。醒めた内心と虚像のギャップに苦しむ彼の前に、かつて自殺した同級生の幽霊・イシイカナコが現れる物語。イシイカナコから持ちかけられる「人生やり直し事業」と二人で飛ぶ17歳の自分が生きる時間軸。そこでまさかの同級生と入れ替わって、生前の石井加奈子や高校時代の自分と関わってゆく展開はなかなか面白いアプローチで、ほろ苦い真実に葛藤しながらも逃げずに向き合ったそのありようと、人生は失敗が許されないわけではない、というこの物語のテーマがとても印象的な物語でしたね。2021/09/22

ツバサ

15
人生、失敗したり後悔したりして後に引きずることもあるかもしれないが、やり直すことが出来る。というメッセージ性がある作品でした。失敗が悪いのではなく、そこから学べばいい。過去に戻るシチュエーションは特殊だったり、根本的な石井加奈子の死の原因周りは不意を突かれました。2021/09/22

あおやまみなみ

13
高校教師の菅野は、高3で自殺した同級生の幽霊に遭遇し、人生やり直し事業へ参加させられる。 過去に戻り、何かを変えようともがく菅野の姿に、笑ったり涙ぐんだりしながら読みました。 "「やり直しなんてできないけど、失敗が許されないわけじゃないんだ」"2021/10/04

七彩 -nanase-

8
初めて帯買いした本。帯の人物は推しの文学YouTuberベルさん❤先が気になって読み進めて、気が付いたら読み終えてた。普段ファンタジー要素のある小説は読まないので、アニメのような設定が新鮮だった。所々、キャリアビジョンを描いて入社したにも関わらず、ことごとく裏切られて潰れて退職した前職の自分と重なった。色んな人の魂に飛べるって大変そうだけど楽しそう。でも私は私のままでいたいな。私の人生は誰にも渡したくない。やり直したい過去は、勉強を真面目にやればよかった事ぐらい?(笑)でも全てベストに進んでるから大丈夫。2021/10/18

みつ

7
誰しもが一度は考える(はず)の人生やり直し。物語を通して追体験した後には、自分ももう少し頑張ろうという気持ちになれる一冊。2021/10/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18481799

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。