• ポイントキャンペーン

一筆の旅路―口で描いた心の景色

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 110p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784041101995
  • NDC分類 723.1
  • Cコード C0095

内容説明

絵を見て泣いたこと、ありますか?感動の輪が静かに広がっています。口で描く画家・長丸修一、初の作品集。

目次

エラブユリ
ガーベラ
彼岸花
ノボタン
ポインセチア
菖蒲
柊南天
湖畔

運河〔ほか〕

著者等紹介

長丸修一[チョウマルシュウイチ]
1972年8月30日、鹿児島県霧島市生まれ。鹿児島大学在学中の93年に不慮の事故で手足の自由を失うが、2年におよぶ入院生活をへて車椅子で復学し、98年に卒業。2000年から口に筆をくわえて絵を描きはじめる。03年と07年に「日本肢体不自由児・者の美術展」で特賞を受賞。繊細であたたかな画風が評判となり、各地で作品展や講演会を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「私にとって、描くことは生きることです」。

長丸修一は大学生のときに事故で首から下の自由を失った。しかし口で絵を描き始めると徐々に上達し、繊細であたたかい画風を確立。やがて評判となる。12年で描いた絵画全44点と感動のストーリーを収録