角川文庫<br> 遺跡発掘師は笑わない―あの時代に続く空

個数:
電子版価格
¥682
  • 電書あり

角川文庫
遺跡発掘師は笑わない―あの時代に続く空

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月19日 03時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041097885
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

今度の舞台は東京! 《天才発掘師》西原無量の行くところに謎と宝あり。

内容説明

休日、奥多摩へ出掛けたカメケン一行は手作り感溢れる「森の縄文博物館」に立ち寄ることに。だが亡き創設者の孫曰く、近く閉館せざるを得ないらしい。博物館を救うために、忍が思いついた起死回生の一手とは―?東京山の手で民家の庭の発掘を依頼された無量と柳生。出土した美しい茶器には江戸を揺るがす秘密が隠されていて!?ほか、無量と亀石の出会い、鶴谷が挑む土人形の謎など、全4編の泣いて笑えるほっこり短編集。

著者等紹介

桑原水菜[クワバラミズナ]
千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。「風駆ける日」で1989年下期コバルト・ノベル大賞読者大賞を受賞後、90年『炎の蜃気楼』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

42
東京・山の手で民家の庭の発掘を依頼された無量と柳生が掘り出した美しい茶器の由来、元総理のインタビューの条件として提示された奇妙な泥人形の持ち主探し、西原無量と亀石の出会い、奥多摩へBBQに出掛けた先で出会った「森の縄文博物館」の危機を描いた短編集第二弾。短編になるとちょっと読みやすくなるような気がしないでもないですが、話が連鎖反応的に広がってゆく佐々木家の話や持ち主探しも面白かったですし、無量と亀石の出会い、忍らしさが垣間見えたエピソードも興味深かったです。五段昇段審査とか萌絵は何を目指してるんだ(苦笑)2021/01/03

よっしー

27
本編がかなり気になるところで止まった中での短編集。久しぶりに無量と忍が駆け引きなしで関わっている様子に嬉しくなりました。無量が発掘と出会う過程、亀石の強引に感じる反面、無量に全力でぶつかっていく姿が印象的でした。だからこそ、今の無量があるのでしょうね。こんな何でもない日常がずっと続いてほしいのですが…まだまだ何かが起こりそうですね。2021/10/27

きょん

23
本編はますますシリアスだけど、短編集はどこかほのぼの。無量の幼少期の幸せそうな描写があるので、その後の過酷な運命を思うと悲しいけど、過去があって今があるんですよね。森の中の縄文カフェって素敵だなあ。2021/01/07

青蓮

20
短編集。無量と忍が一時的とは言え、本来の自分に戻って生き生きしている姿が垣間見えてホッとした。萌絵ちゃんは変わらず逞しい。2021/01/03

ソルト

20
シリーズ12。4つの短編集。少年だった頃の無量とカメケンの所長の亀石との出会いから、記者の鶴谷さんと土人形探しと…ほのぼのとしたお話でした。自分の殻に閉じ籠った無量に手を差しのべた亀石により今の彼がいるんだな。最後のお話は楽しげな無量、忍、萌絵達がみれてほっこり。こんな日がずっと続けばいいのになぁ。2021/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16853002
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。