カドカワBOOKS<br> クレイジー・キッチン〈2〉

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

カドカワBOOKS
クレイジー・キッチン〈2〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784041094310
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

ビジネス街のはずれにある洋食屋の天才料理人・日野洋二は洋食屋の範疇を超える壮絶な戦いに身を投じていた。洋食屋なのにサバ味噌、にんにく餃子、カツ丼……店長である洋二の気分で生み出された絶品料理を前に、常連客たちも一筋縄ではいかない事件に巻き込まれていく。果てはナポリタンを学びにイタリア留学した料理学校時代の仲間(バカ)まで店に顔を出し始め、混沌は加速していく――全編書き下ろし! WEB掲示板発の伝説的料理コメディ、まさかの第2弾!

内容説明

ビジネス街のはずれにある洋食屋の天才料理人・日野洋二は洋食屋の範疇を超える壮絶な戦いに身を投じていた。洋食屋なのにサバ味噌、にんにく餃子、カツ丼…店長である洋二の気分で生み出された絶品料理を前に、常連客たちも一筋縄ではいかない事件に巻き込まれる。果てはナポリタンを学びにイタリア留学していた料理学校時代の仲間(バカ)まで店に顔を出し始め、混沌は加速していく―全編書き下ろし!WEB掲示板発の伝説的料理コメディ、まさかの第2弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サケ太

17
とんでもねぇ。下品すぎる話から、なんだかいい話風なものまで。グルメもの?と言っていいやら悪いやら。メタ視点なのを面白いく読める軽快な作品。うまそうに、そして何より楽しそうに飯を食いたい。そう思わせてくれる作品。2020/04/18

ふらい

4
相変わらず下ネタ多め。メシ<シモくらいの配分で、これはやっぱり飯モノではないよなぁって顔になる。まぁ面白いからいいんだけどね。今回は再登場キャラが多めな感じで1巻買った人へのサービスという印象。これ読むなら1巻から読んだ方が面白いはず。好きなエピソードはカロッ・・・薬師寺さん回のささみカツと、過去の思い出を振り切るカツ丼の回。これだけ女キャラを取り揃えてあるのに男キャラ登場回の方が好きというのは申し訳ない気がしてくる。2巻はおおむね満足だったけど挿絵がかなり手抜きな感じがあるのだけは残念。2020/05/24

ききぞう

3
面白かったです。前巻のテンションそのままで、突っ走ってます。登場人物のキャラが立っていて、濃すぎるキャラ同士のやりとりが良かったです。 続きが出ていないのが残念です。2022/04/20

ほにょこ

2
★★★☆☆ ちょっと下ネタがひどいと思いましたが、今回も強烈な味わいで面白かったです。この洋食屋の料理は食べてみたいけど、モード・プリズンは嫌ですね(笑)。2021/05/10

MasakariR

1
再読、楽しく読んだ2023/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15527404
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。