角川ホラー文庫<br> TURN―東京駅おもてうら交番・堀北恵平

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

角川ホラー文庫
TURN―東京駅おもてうら交番・堀北恵平

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月19日 02時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 349p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041087565
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

生活安全課に研修先を移した新人女性警察官・恵平は、見回り活動中に郊外から来た女子中学生たちと出会う。急な生理で動けなくなった少女を助け、役に立てたと喜ぶ恵平。しかし数時間後、少女が出血多量で死亡して……。中学生の間に根を張り、妊娠をなかったことにする闇深いシステムとは? 一方、「うら交番」の情報を集める青年刑事・平野は、交番を訪ねた警察関係者が全員1年以内に死んでいると気づく。死の災いが恵平を襲うシリーズ第4弾。

内容説明

生活安全課研修中の新人女性警察官・恵平は、見回り活動中に女子中学生たちと出会う。急な生理で動けなくなった少女を助け、役に立てたと喜ぶ恵平。しかし数時間後、少女が出血多量で死亡して…。中学生の間に根を張り、妊娠をなかったことにする闇深いシステムとは?一方、「うら交番」の情報を集める青年刑事・平野は、交番を訪ねた警察関係者が全員1年以内に死んでいると気づく。死の災いが恵平を襲うシリーズ第4弾。

著者等紹介

内藤了[ナイトウリョウ]
長野市出身。長野県立長野西高等学校卒。デザイン事務所経営。2014年に『ON』で日本ホラー小説大賞読者賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

utinopoti27

160
シリーズ第4弾は、嬰児の遺体を扱う闇ビジネスがテーマ。何ともおぞましいモチーフだが、話の流れは意外と淡白。経口堕胎薬の副作用で死んだ女子中学生の過去を洗う恵平は、ある闇サイトに辿り着く。一方、丸の内の工事現場で発見された若い男の死体からは奇妙な痕跡が見つかり・・。本作では、お馴染み「うら交番」の柏村巡査や、メリーさんほか常連キャラの出番は少なめで、伏線の回収も中途半端なまま。ひょっとすると次に続くのだろうか。今回はあの死神女史がカメオ出演しており、続編に絡むのかどうかも気になるところだ。次回作を待とう。2020/10/07

mint☆

132
シリーズ4作目。けっぺいは生活安全課へ。正義感が強い恵平は一人で突っ走って首を突っ込み上司に怒られる。上手くいったけど勝手な行動に少しヒヤヒヤした。今回の犯罪はある意味身近で、知らないだけでこういった犯罪は今でも本当にあるのかもと恐怖を感じた。含みはあったけどうら交番の秘密はまだ明かされず。藤堂比奈子シリーズの死神女史こと石上妙子氏が登場!思わず声が出ました!2023/01/30

あっちゃん

104
今回は生活安全課、シリーズ的にミステリーに絡めるの?(笑)と不安だったけど、最終的にかなり重要な課だと知った!今回のラストはちょっとモヤモヤ、続くの?それともコレでこの件は終わり?次を読まねば( ̄▽ ̄)2023/05/22

タイ子

104
シリーズ第4弾。新人女性警察官、堀北恵平(けっぺい)は生活安全課研修中。今回の事件の背景のエグさは想像外。日本でこんな事が今でも行われてるんだと思うだけで腹立たしく、胸くそが悪くなる。ネット時代の今だからこそ悪はのさばる、そしてどこかに姿を隠す。そして、かつてうら交番に行った者が1年以内に死んでいることを知る恵平。生活安全課の指導巡査の厳しさで強くなっていく恵平が今後うら交番との繫がりをどうするか?死の災いから逃れられるのか。ますます楽しみになってきました。次回は来春発売とのこと。2020/09/07

Bugsy Malone

98
今作の研修先は生活安全課、未成年者までも巻き込む身が震えるような犯罪に対して、自分の力不足やジレンマを感じながらもその都度成長してゆく恵平ちゃん、読んでいる身としては十分以上の活躍をしていると思います。うら交番との関わりも益々面白くなって来ました!次作が待ち遠しい!そして、頑張れ、恵平ちゃん!2020/09/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16227539
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。