角川文庫<br> 新・入り婿侍商い帖―二つの祝言

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

角川文庫
新・入り婿侍商い帖―二つの祝言

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2024年04月16日 22時27分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784041085486
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

善太郎との間に設けたお珠を久実に見せるため、五月女屋敷に向かっていたお稲は、何者かに襲われる。さらに、大黒屋に、大口の仕事が舞い込んでくる。善太郎はお家存続のため、事件解決に向けて奔走する!

内容説明

米問屋羽前屋の孫娘お稲は、善太郎との間に生まれたお珠を見せに五月女家へ向かう途中、襲撃に遭う。さらに取り調べでは、助勢した侍に五月女家が怪我を負わせたような筋書きにされ、善太郎には登城を慎むよう命が下る。一方、米問屋大黒屋に、旗本の日置家から新たな取引が持ち掛けられた。但し条件として、行方不明の米を取り返してほしいという。早速調査に乗り出した大黒屋だったが、その裏には―。シリーズ第3弾!書き下ろし長篇時代小説。

著者等紹介

千野隆司[チノタカシ]
1951年、東京生まれ。國學院大学文学部卒業。90年「夜の道行」で第12回小説推理新人賞を受賞し、以後、時代小説を中心に活躍中。2018年「おれは一万石」「長谷川平蔵人足寄場」シリーズで第7回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やま

113
入り婿侍商い帖シリーズの19作目。「新・入り婿侍商い帖」シリーズ(第二期)の3作目。 2020.02発行。字の大きさは…中。 小十人組の頭・棚岡右近は、米問屋和泉屋と謀って札差羽黒屋が扱う直参の給与である切米を無役の御家人らに奪わせた。その指図が明らかとなって、右近は切腹、棚岡家は御家断絶と決まった。佐橋内膳は、息子・右近を殺された報復に出て来た…。 米問屋羽前屋の主人・恒右衛門が長い闘病ののち亡くなり、五月女家の久実は、善太郎とお稲の祝言を祝福しつつ亡くなる(涙)2020/03/28

はにこ

26
大黒屋には米を盗んだ疑惑、五月女家には暴力沙汰の疑惑。罠に嵌まりまくり。以前は角次郎が頑張ってきたけど、善太郎、昌三郎、銀次郎など次世代が頑張る。娘達もしっかりしてきた。とてもめでたいことと、世代交代による悲しいことと両方を感じた。若者達の新しい生活を読むのは楽しみだけど、寂しくなります。2021/09/12

高橋 (犬塚)裕道

6
星3。まあめでたしめでたしと言うところか。2023/07/27

ひさか

4
2020年2月角川文庫刊。書き下ろし。シリーズ3作目。通算19作目。ここまでたどり着けて良かったです。祝です。2020/06/28

いえのぶ

3
早乙女家と羽前屋の継嗣問題で結婚ができない善太郎とお稲。角次郎たちを陥れようとした佐橋家は無役となり、代わりに役についた日置家が加増された年貢米の取引を大黒屋に持ち掛ける。百俵の年貢米の運送中に紛失する事件が起きる。継嗣問題と紛失問題はどのように解決するのか?2023/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15327782
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。