角川文庫<br> ベイカー街の女たち―ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿〈1〉

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
ベイカー街の女たち―ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿〈1〉

  • ウェブストアに30冊在庫がございます。(2020年08月10日 06時32分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 456p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041080283
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

ベイカー街221Bを訪れたある婦人は、強請に苦しむことを訴えつつも詳細を話せず、苛立つホームズに依頼を断られてしまう。ミセス・ハドスンとメアリーは、身に覚えのない情事を「暴露する」と脅す手紙に怯える彼女の力になろうと決意する。だが、調査に乗り出した矢先、BSIの少年がケガを負わされ、惨殺死体が発見された…。ミセス・ハドスンが語る、知られざる女たちの冒険。原典へのオマージュ満載の本格ミステリ譚。

著者等紹介

バークビイ,ミシェル[バークビイ,ミシェル] [Birkby,Michelle]
ロンドン在住。『ベイカー街の女たち―ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿1』がデビュー作で、英国推理作家協会によるヒストリカル・ダガー賞の最終候補作となる

駒月雅子[コマツキマサコ]
1962年生まれ。慶應義塾大学文学部卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ロンドンの街で秘かに起きている、既婚の女性を狙った薄汚い恐喝事件。名探偵ホームズに依頼を断られ、意気消沈した女性を救うべく、ハドスン夫人とメアリーはホームズとワトスンに内緒で調査に乗り出す!