角川文庫<br> 三鬼―三島屋変調百物語四之続

個数:
電子版価格
¥1,056
  • 電書あり

角川文庫
三鬼―三島屋変調百物語四之続

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月19日 08時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 672p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041077610
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

亡者が集う家や食いしん坊の守り神。不思議がいっぱい黒白の間へようこそ。

此度の語り手は山陰の小藩の元江戸家老。彼が山番士として送られた寒村で知った恐ろしい秘密とは!? せつなくて怖いお話が満載! おちかが聞き手をつとめる変わり百物語、「三島屋」シリーズ文庫最新刊!

内容説明

三島屋の黒白の間で行われている変わり百物語。語り手の年齢や身分は様々で、彼らは正しいことも過ちもすべてを語り捨てていく。十三歳の少女は亡者の集う家の哀しき顛末を、絶品の弁当屋の店主は夏場に休業する理由を、そして山陰の小藩の元江戸家老は寒村に潜む鬼の秘密を語る。聞き役に従兄の富次郎も加わり、怪異を聞き積んでいく中でおちかにも新たな出逢いと別れがあり―恐ろしいけど面白い三島屋シリーズ第四弾!

著者等紹介

宮部みゆき[ミヤベミユキ]
1960年東京生まれ。東京都立墨田川高校卒業。法律事務所等に勤務の後、87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞長編部門、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年『火車』で山本周五郎賞、97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞、99年『理由』で直木賞、2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞を受賞。02年司馬遼太郎賞と芸術選奨文部科学大臣賞文学部門、07年『名もなき毒』で吉川英治文学賞、08年英訳版『BRAVE STORY』でBatchelder Awardを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

180
このシリーズ4冊目です。4つの話が入っていてそれぞれ楽しめました。あまり関係はないのですが、前の3冊の話をすっかり忘れていてこの主人公の女性がどのような感じになってきているのかを知りたい気もしました。4つの話は大きな行灯のようなものが霊界とのつながりを持つ、お弁当屋の話し、本の題名となっているもの、老婆のむかしの話をきくのですが・・・・。三鬼が一番印象に残りなぜか読んでいるうちに、「7人の侍」や「姥捨て」というむかしの白黒映画を思い出しました。2019/06/25

rico

175
亡き人に会いたいという押さえ難い想い、生き延びるために重ねた罪の深さ、恩と侮蔑の狭間で澱のようにたまった恨み。そんな魂の底から溢れ出した強い感情が、人の世にはあり得ないものとなって立ち現れる。三島屋で語られる物語は、恐ろしく、哀しい。ただ4つの物語のうち、食意地のはったあやかしとの交流を描く「食客ひだる神」だけは、落語のような味わいが楽しい。「断食するぞ」の啖呵には吹き出してしまう。シリーズ4編目では辛い事件で止まっていたおちかの時計が動き出す。新しい登場人物も加わり、物語が走り出す予感。次が待ち遠しい。2019/10/06

katsubek

163
三島屋百物語シリーズの四巻目。あやかしの物語である。そう、そうであるはずだ。が、そこで語られるのは、むしろ生きる者、生きなければならぬ者たちの、悲しみである。その悲しみは、深く、長く、それなのに、時に温かくて優しい。暫くの間、専ら聞き手となっていた主人公が、動いた。が、それが自らにそそぐ運命と並んでいたのは決して偶然ではあるまい。去り行く人物とやって来る人物。さて、物語はどこへ向かうか?2019/08/30

よむヨム@book

150
★★★★☆ 星4つ 「食客 ひだる神」が、心にしみた。 話もいい話だし、だるま屋の房五郎さんとそのおかみさんも好い人で、ひだる神を妖怪の類いと扱わず、恩には恩で返す。 私も、この話を読んでいてお腹が減って、減って仕方がない。 だって、弁当のおかずなどが美味しそうだもの。2022/01/25

タツ フカガワ

134
シリーズ4作目。ある村であの世とこの世の道が通じ、この世に現れる亡者たちを迎えた村人たちの思いが切ない「迷いの旅籠」。旅の途中に食欲旺盛なあやかしに取り憑かれた料理人の、ちょっと滑稽で落語噺のような「食客ひだる神」。老武家が語る若いころ体験した胸を塞ぐような鬼遭遇の、いまに繋がる顚末の表題作。商家の蔵に居座る「おくらさま」は家の守り神か不幸の主か。中編4話の完成度の高さにひたすら平伏です。「おくらさま」では思わず落涙。2020/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13704811
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。