角川文庫<br> 虚実(うそまこと)妖怪百物語 破

個数:
電子版価格 ¥864
  • 電書あり

角川文庫
虚実(うそまこと)妖怪百物語 破

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年07月16日 09時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 493p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041074329
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

富士の樹海。魔人・加藤保憲の前に、ある政治家が跪いていた。太古の魔物が憑依したその政治家に、加藤は言い放った。この国を滅ぼす、と。妖怪が出現し騒動が頻発すると、政府は妖怪を諸悪の根源と決めつけ駆逐に乗り出す。世相は殺伐とし民衆は暴力的となり、相互監視が始まった。この異常事態の原因究明のため、『怪』関係者は居酒屋に集い、信州山中で入手した、呼ぶ子を出現させる謎の石の秘密を解き明かそうとするが…。

著者等紹介

京極夏彦[キョウゴクナツヒコ]
小説家・意匠家。1963年北海道生まれ。94年、妖怪小説『姑獲鳥の夏』で小説家デビュー。『魍魎の匣』で第49回日本推理作家協会賞、『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、『後巷説百物語』で第130回直木賞、『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞を受賞、『遠野物語remix』「えほん遠野物語」シリーズなどにより平成28年遠野文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

暴徒化する民衆! 京極夏彦、登場。怒涛の第2弾!富士の樹海。魔人・加藤保憲の前に、ある政治家が跪いていた。
太古の魔物が憑依したその政治家に、加藤は言い放った。
この国を滅ぼす、と――。

妖怪が出現し騒動が頻発すると、政府は妖怪を諸悪の根源と決めつけ、駆逐に乗り出す。
世相は殺伐とし民衆は暴力的となり、相互監視が始まった。
この異常事態の原因究明のため、『怪』関係者は居酒屋に集い、信州山中で村上健司らが入手した<呼ぶ子>を出現させる謎の石の秘密を解き明かそうとするが……。

<解説:千街晶之>


拾壱 妖怪小説家、一計を案ず
拾貮 邪神、なんとなく覚醒す
拾参 暴徒、御意見番を急襲す
拾肆 異端の輩、忽然と蜂起す
拾伍 霊視者、外道照身の妙技を顕す
拾陸 付喪神、黄昏に霊威を示す
拾漆 妖怪者、霊峰麓に屯す
拾捌 古きもの、信者と共に発動す
拾玖 怪談蒐集家、突撃す
廿 百鬼百怪、大翁の許を目指す
解説 千街晶之

京極 夏彦[キョウゴク ナツヒコ]
著・文・その他