角川ビーンズ文庫<br> 眠れる聖女の望まざる婚約―目覚めたら、冷酷皇帝の花嫁でした

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川ビーンズ文庫
眠れる聖女の望まざる婚約―目覚めたら、冷酷皇帝の花嫁でした

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041073377
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

役目を終えた聖女の価値なんて…… どんとこい、政略結婚!!『冬薔薇の聖女』シルヴィアは、封印の儀で世界に光を取り戻し、永遠の眠りについた――はずだった。15年後、なぜか目覚めたシルヴィアの前には、隣国の皇帝・アシュナードの姿が。「近すぎます不敬です!!」「政略結婚だ。諦めろ」聖女から一転、軟禁まがいの新婚生活!? 前途多難な帝国暮らしに鬱憤の溜まるシルヴィアだが、ある日不穏な“穢れ”をアシュナードの側で感じて……? 最強猫かぶり聖女のラブファンタジー!


秋月かなで[アキヅキカナデ]
著・文・その他

北沢 きょう[キタザワ キョウ]
イラスト

内容説明

『冬薔薇の聖女』シルヴィアは、封印の儀で世界に光を取り戻し、永遠の眠りについた―はずだった。15年後、なぜか目覚めたシルヴィアの前には、隣国の皇帝・アシュナードの姿が。「近すぎます不敬です!!」「政略結婚だ。諦めろ」聖女から一転、軟禁まがいの新婚生活!?前途多難な帝国暮らしに鬱憤の溜まるシルヴィアだが、ある日不穏な“穢れ”をアシュナードの側で感じて…?最強猫かぶり聖女のラブファンタジー!

著者等紹介

秋月かなで[アキズキカナデ]
愛知県出身。第13回角川ビーンズ小説大賞奨励賞を受賞し、『使い魔王子の主さま―恋と契約は突然に』(受賞作改題改稿)にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しまふくろう

12
表紙が可愛くて購入。挿絵も宜しかった。 物語は瘴魔を浄化して目覚めぬ眠りについた筈の主人公が、何故か目覚めて帝国皇帝と婚姻させられていたという話。眠ったままで良いとか皇帝の初恋の拗らせっぷりがヒドくて面白かった。 この目覚め方は眠りについた聖女をやり取り出来るぐらい教国の権威が失墜した結果なんだろうなあ。歴代の聖女達が眠った時は盛大に祀られていそうだし、真名を呼べるほど近付けなかったのだろうと思うと可哀想。2018/10/06

にゃうぴょん

10
永遠の眠りについたはずが目覚めたら政略結婚をというお話です。シルヴィアの猫かぶりで腹黒加減がいい感じで楽しめました。2018/10/18

すがはら

9
ヒロインはしっかり者な良い子。話が進むにつれて猫を被っていると思っている割りに素の口調と聖女の口調に差を感じないと思っていたら、終盤でラナン君からも指摘が入っていたので、作家さんの意図的なものだったのですね。皇帝側の好意の示し方が急で気づけば甘々なセリフばかり吐くようになっていて、こちらの心の準備が追い付かなくてドキドキしてしまいました。ラナン君が皇帝を目指すまでの話もちょっと入れて欲しかったかな。2019/06/22

さなえ

9
望まざる婚約というか婚姻。ストーリーはわりと王道で安心して読めた。キャラも好みで良かったし、楽しかった。2018/09/15

朔夜

8
★★★2020/01/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13077420

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。