角川スニーカー文庫<br> ゼロの大賢者〈2〉若返った最強賢者は正体を隠して成り上がる

個数:
電子版価格 ¥211
  • 電書あり

角川スニーカー文庫
ゼロの大賢者〈2〉若返った最強賢者は正体を隠して成り上がる

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 308p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041073353
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

囚われの聖女を救い出せ!! 成り上がり冒険譚、第二幕!無敵の最強賢者は過去を断ち斬る――。
Web版で大好評の『聖女編』が、大幅加筆にて新生!

「私は、イリスは、あなたが大好きです」
サクラとその父親を救ったゼロは、自らの無実とギルバルドの嘘を証言してもらう為、心の内を読み取る《心眼》の使い手である元聖女・イリスの元へ向かう。
しかし、既にイリスは吸血鬼を狙う謎の『銀髪の女』に誘拐された後だった。急いでイリスを追った先で相対した『銀髪の女』は過去にゼロが圧倒した対戦国の元英雄で――!?
「お前は俺が怖いんだろ? 逃げてもいいんだぞ」
過去から現在まで――全ての因縁から囚われの聖女を救え!!
Web発の大人気成り上がり冒険譚、第二幕!!

夏海 ユウ[ナツミ ユウ]
著・文・その他

吉田 依世[ヨシダ イヨ]
イラスト

内容説明

「私は、イリスは、あなたが大好きです」サクラとその父親を救ったゼロは、自らの無実とギルバルドの嘘を証言してもらう為、心の内を読み取る“心眼”の使い手である元聖女・イリスのもとへ向かう。しかし、既にイリスは吸血鬼を狙う謎の『銀髪の女』に誘拐された後だった。急いでイリスを追った先で相対した『銀髪の女』は過去にゼロが圧倒した対戦国の元英雄で―!?「お前は俺が怖いんだろ?逃げてもいいんだぞ」過去から現在まで―全ての因縁から囚われの聖女を救え!!Web発の大人気成り上がり冒険譚、第二幕!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

6
自らの無実の証明の為、かつて育てた聖女、イリスを助け出す為に戦う今巻。―――今度こそ隣に、その為に。冒険の第二幕、かつての仲間を救うべく前世で因縁の仇敵だった相手と激突する今巻。イリスという彼を慕う少女が仲間に加わる事で揺れるティアの心。その想いを脇に置き、絶対的な力で敵を殲滅するゼロ。彼の周りの人間関係が新たな段階へ進むと同時に、敵方の謎の思惑という因子により世界が更に広がる巻であり、悪人を成敗する勧善懲悪の熱さが再び光る巻である。イリスを取り戻した先、次に出会う者とは。 次巻も早く読みたいものである。2018/08/09

リク

5
今回も面白かった。ティアがかなり重い娘になってきたな。いいぞもっとやれ! ジークフリートの娘であり、ゼロの(肉体年齢的に)お姉さん、元聖女のイリス登場。素直になれないお年頃から抜け出したイリスの攻撃力はかなりのものだった。それでも前巻の引きからするとけっこう大人しかった印象なので、ティアとのバトルが加熱するのが楽しみ。ゼロは相変わらずカッコいい。反抗期の娘にオロオロするギャップもいいね。だがゼロの実力に対して、敵の小物感が半端じゃなかったのがちと物足りなかったか。陰謀をゼロがどう打ち砕いていくのか楽しみ。2018/07/31

尚侍

3
俺tueeee物としては普遍的なテーマを扱っていて面白いのですが、特にヒロインの使い捨て感が強く、せっかくの設定をあまり生かし切れていない気がしました。心眼持ちで聖女という最高レベルの設定を持つイリスも最後は普通のハーレム要員になってしまったように感じられたし、何より初巻の前半あれだけ輝いたティアの滑り台っぷりは見ていて悲しくなるほどでした。主人公に守られるだけのヒロインというのが好きな人は読んでいて楽しいと思いますが、自分はある程度ヒロインたちにも活躍してほしいので、その部分で合わなかったです。2018/08/14

vivace

0
1巻に引き続き筋立ても設定も悪くないと感じました。それでも高く評価し辛いのは、セリフ回しを含めて心理描写が冗長というか説明し過ぎと感じてしまうからかな。テンポが悪くなるのはもちろんですが、野暮ったくなりがちなので。悟る、察する、そういう読解力や感性がない人に向けて書かれた文章のように感じて少し居心地の悪い思いがしました。2020/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12993281

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。