角川ビーンズ文庫<br> 花仙国伝―後宮の睡蓮と月の剣

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川ビーンズ文庫
花仙国伝―後宮の睡蓮と月の剣

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 240p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041072608
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

花仙に選ばれし者が王――圏外姫が!? 煌めく宿命の中華ファンタジー!"花仙"に選ばれし者が王となり、百花繚乱の世に――瑞湖国の片田舎で暮らす少女・明遠。ある日突然王宮からお迎えが。当代の花仙、美貌の青年"睡蓮"に指名され、新王として、陰謀渦巻く後宮に切り込む事に!?

天川栄人[テンカワエイト]
著・文・その他

宵マチ[ヨイマチ]
イラスト

内容説明

建国以来、時の“花仙”に見いだされた王が治めてきた瑞湖国。その片田舎で暮らす少女・明遠のもとに、ある日突然王宮からのお迎えが。当代の花仙に指名された、といきなり後宮に連れていかれる。そこで待つ美貌の青年、睡蓮の花仙は、「次の王はあなたです」の一点張り。即位の押しつけに抗う明遠だが、睡蓮仙は片時も離れない。しかも、彼の持つ“予知夢”の力が、次々と不穏な事件を告げ…!?煌めく宿命の中華ファンタジー!

著者等紹介

天川栄人[テンカワエイト]
岡山県出身。第13回角川ビーンズ小説大賞審査員特別賞を受賞。『ノベルダムと本の虫』(受賞作改稿、単行本での刊行)にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

64
また新たな中華ファンタジーに手を出してしまった( ´ ▽ ` )(でも個人的に、角川ビーンズ文庫とは相性が良いと思ってる!)予知夢の能力がある花仙と、花仙に王の指名を受けた明遠。後半、ストーリーが気持ち良く1本に繋がっていくさまが気持ち良い!そんな簡単に、無理でしょ…というところから、まさかあんな風に大逆転するなんて。この想いがここに繋がっているんだ、という伏線?回収もスッキリしています。展開は読みやすいかもしれないし、国としてそれは大丈夫なのかーな部分もあるけど、深く考えない方が楽しい!笑 早速2巻へ。2019/02/08

すがはら

7
確かに十二国記っぽい。花仙が新王を認定しその王の統治を助け、王が死ねば花仙も死ぬ。花仙は王になる明遠に異性としての感情がありそうでしたが、物語の中で花仙と結婚したり子供を持ったりできるのかについて全く言及がなかったので気になります。普通はダメそうだけど。設定によると直系の子孫を残さないと王が選べなくて国が絶えてしまうようなので、明遠はこの先婿取りするだろうに大丈夫かー?と終盤はそればっかり気になってしまいました。花仙と王は同性の方がややこしくなくて良さそうです。2019/10/20

シュウ

6
新たな道に進むには困難が多く待ち受けるだろうけど、うまくいくといいな。2021/12/16

かなで

6
再読2019/01/17

夜野

6
甘さは皆無だし、あらゆる部分で無理がありすぎる。いくらラノベ、ここではない異世界のお話とはいえ、国の成り立ちが根本からおかしい。ある種の輸出産業に頼りきりの国で、明日から主要輸出物を全て廃止します、というのは粗悪な机上の空論でしかない。ヒーローと最後いい感じ風になっていたが、寿命に脅かされるヒーローを放置していたヒロインにも共感できず、固い絆で結ばれたように描写されても困る。主人公目線でキャラの心情を追っても、中華王朝ものとして読んでも受け入れられないところばかりで、ありえないとしか言えなかった。2018/08/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13011535

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。