角川スニーカー文庫<br> リオランド〈02.〉星紡ぎの姫と聖なる獣

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

角川スニーカー文庫
リオランド〈02.〉星紡ぎの姫と聖なる獣

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 246p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041072554
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

“予言姫”リューリリリィが紡ぐ運命は、救済か――厄災か。 リオランド王国の騎士ミカドと地球の姫エチカは、《科学》世界からやってきたEI軍の王都進撃を一時は退けたものの、EI軍はさらなる大攻勢を開始する! 圧倒的な物量と死を恐れない《科学》兵力を打ち破るべく、ミカド率いる騎士団は儀法にエチカの知識を掛け合わせ、対抗するが、戦況は劣勢で……。
「団長命令だ。己の魂を、強く保て。――決して、死ぬなよ」
 絶望的な戦況を覆すべく、ミカドはその身に刻まれた“禁忌の呪い”――この世界の理(ことわり)を揺るがす大儀法を解放する!!
 すべては王国と、愛すべきリューリリリィ姫のために。魂を震わす運命と叛逆のヒロイックファンタジー、第二幕!

岩井 恭平[イワイ キョウヘイ]
著・文・その他

れい亜[レイア]
イラスト

内容説明

リオランド王国の騎士ミカドと地球の姫エチカは、“科学”世界からやってきたEI軍の王都進撃を一時は退けたものの、EI軍はさらなる大攻勢を開始する!圧倒的な物量と死を恐れない“科学”兵力を打ち破るべく、ミカド率いる騎士団は儀法にエチカの知識を掛け合わせ、対抗するが、戦況は劣勢で…。「団長命令だ。己の魂を、強く保て。―決して、死ぬなよ」絶望的な戦況を覆すべく、ミカドはその身に刻まれた“禁忌の呪い”―この世界の理を揺るがす大儀法を解放する!!すべては王国と、愛すべきリューリリリィ姫のために。魂を震わす運命と叛逆のヒロイックファンタジー、第二幕!

著者等紹介

岩井恭平[イワイキョウヘイ]
茨城県水戸市生まれ。某大学理工学部卒業。第6回角川学園小説大賞にて優秀賞を受賞。『消閑の挑戦者 パーフェクト・キング』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

33
王国と愛すべきリューリリリィ姫の為に。リオランド王国辺境第三騎士団団長ミカド・キャバレッティの禁忌の大儀法が戦場を穿つシリーズ第2弾。無邪気なお姫様リューリリリィ姫。このヒロイン只者ではないとは思っていたが予想以上にヤバい。もし自然現象そのものと言える力が人の形をしていたらどうなるのか。そんな力の持ち主が真の敵とか、もうこれはヤバい以外の言葉が見つからないくらい面白い。2冊目にして完全に化けたな。ミカドとエチカ、そしてリューリリリィ姫。ますます目が離せぬ三人の物語の結末はどうなるのか。次巻が待ち遠しい。2018/11/04

まるぼろ

19
シジェンコの操るクローン体を倒し、一時的にEI軍を退けたミカドとエチカだったが、"Brizz"システムを運用するのに必要不可欠なある物を見つけたEI軍は再び大攻勢に転じるが…と言うお話です。今巻も面白かったです…が、今巻はEI軍ではなく、善悪もなくただ「遊んで」いただけのリューリリリィ姫が一番怖かったです。今巻を読んだ限りでは全員リューリリリィ姫の掌でもて遊ばれていただけの様に感じられましたが、そんな「予言姫」をミカドとエチカは救済に導けるのか、またEI軍はどういう行動を取ってくるのか、次巻も楽しみです。2018/11/09

レリナ

18
本格的な戦争が始まった。今回は多大な犠牲を出しながら、ミカド達は勝利をおさめた。しかしまだ敵の侵攻はこれからと言ったところだろう。今回の戦闘は目を見張るものがあった。ミカドの秘められた力も明らかになり、敵を退けられたが、地球側の新たな敵が現れれば、リオランド一国だけでは太刀打ちできない。今回の勝利がリオランドにとって良い流れになることを切に願う。多大な犠牲を払い勝利したリオランド。次巻からの展開が非常に楽しみ。リオランド以外の国も見てみたいな。次巻に期待。2018/12/24

しぇん

17
侵略が本格化するなか明かされるリオランド側の禁忌の秘密兵器……。何か不穏な空気だなとは思っていましたが、明かされた黒幕と盛り上がってきましたね。後は続きがちゃんと出てくれれば。2018/11/04

真白優樹

16
地球の軍勢の更なる大規模侵攻が巻き起こる中、ミカドの逆転の策が炸裂する今巻。―――汝の意思を貫き通せ、無垢なる天災が遊ぶ国という舞台で。 更なる絶望的な状況を尻に火が付いたかの如き勢いで綱渡りする今巻。そんな今巻は、更なる衝撃の事実が明かされ舞台が一気に整い広がり、打倒すべき一番側にいる巨悪の真実に触れる、物語の化けの皮が剥がれ、真実の面白さが容赦なく晒される、正に岩井先生の持ち味の大爆発とでも言うべき巻である。再びの辛勝、その先の身内の陰謀による左遷。果たして戦況の行方とは。 次巻も須らく期待である。2018/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13163771

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。