角川文庫<br> 漫画版 日本の歴史〈4〉武士の目覚め―平安時代後期

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

角川文庫
漫画版 日本の歴史〈4〉武士の目覚め―平安時代後期

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年07月06日 22時16分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041071229
  • NDC分類 210.1
  • Cコード C0179

内容説明

平安時代後期は、摂政・関白に代わって、天皇の父である上皇(院)が権力をもつ院政の時代に入る。上皇は、自由な立場で政治を行い、知行国や荘園を集める。諸国では武士団が興り、天皇の末裔の源氏と平氏が武士の棟梁として、力をつけていく。源氏や平氏は、中央に進出するようになり、やがて、保元・平治の乱を経て、平氏が権力をにぎる。本巻では、院政の時代から平氏全盛の時代までを見ていく。

目次

第1章 源氏武士団の発展
第2章 院政と平氏
第3章 栄える奥州・乱れる都
第4章 平氏の栄華

著者等紹介

山本博文[ヤマモトヒロフミ]
1957年岡山県津山市生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。現在、東京大学史料編纂所教授。文学博士。92年『江戸お留守居役の日記』で第40回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。著書多数。NHK Eテレ「知恵泉」などテレビやラジオ番組などにも数多く出演(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

歴史学習の最先端は「東大流」今こそまんがで読みたい『日本の歴史』第4巻東大の入試問題や近年の歴史教育の現場で、今最も重視されているのは「歴史の大きな流れをつかむ」こと。歴史の流れがおもしろいほどよく分かる最強歴史まんが! 第4巻は「平安時代後期」。

山本 博文[ヤマモト ヒロフミ]
監修