黄金の代償

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784041070994
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

助かりたければ金塊を探し出せ! 和之は消えた黄金の行方を追うが――。謎の男・クロエに金塊強盗の手伝いをしないかと声をかけられた葉山和之。幼いころに父を亡くし、病気の妹の治療代のため猛然と働く母を見ていた葉山はその話に乗るが、その準備の最中、クロエに「お前の父親は、日本史上最高金額の銀行強盗を成功させた男だ」と告げられる。母にも事実を問いただせないまま、金塊強盗を実行した葉山がクロエとの待ち合わせ場所に赴くと、クロエは殺されており、強奪したキャリーケース4個分の金塊は消えていた。金塊のもとの持ち主であるヤクザの弓庭に一週間で金塊を探し出さなければ命はないと脅され、葉山はクロエの仲間である松野たちと金塊を探し始めるが……。金塊はどこに消えたのか。クロエを殺したのは一体だれか。そして葉山の本当の父親は――。震災から復興した街、神戸を舞台とした金塊をめぐるクライムミステリーノベル!

福田 和代[フクダ カズヨ]
著・文・その他

内容説明

母と病気の妹と暮らす葉山は、彼が生まれる前に死んだという父を知る男・クロエと出会う。妹の治療費のため、クロエからの「仕事」の誘いに乗った葉山。二人はヤクザの弓庭からの金塊強奪に成功するが、葉山が待ち合わせ場所に着いたとき、クロエは殺されており、金塊は何者かに持ち去られていた。弓庭に脅され、命がけで金塊の行方を追うことになった葉山だが―。青春クライムミステリー。

著者等紹介

福田和代[フクダカズヨ]
1967年神戸市生まれ。神戸大学工学部卒業後、システムエンジニアを経て、2007年、航空謀略サスペンス『ヴィズ・ゼロ』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

200
『それ』がどこに在るのか気になって一気にラストまで。あゝ面白かった。いつもの?福田さんとは違う感じでしたが、こういうのも良いですね。クロエが最低で・・犯人捜しよりどこに在るのかが気になった私。松野のこれまでが気の毒で及川の「どないがんばっても、うまいこといかんやつと、何もせんでも生まれた時から幸せにいくやつと、おるんやろ」には切なかった。葉山くん、ナベさんからの手紙は嬉しいね。大丈夫『運』なんかじゃない、支えて支えられる人がいるのは強いんだと思うよ。2018/10/16

starbro

189
福田 和代は、新作中心に読んでいる作家です。面白くなりそうな題材で期待して読み始めたのですが、地味な展開で終了してしまいました。「黒江」を漢字ではなく、片仮名で「クロエ」と表記するとフランス人のような感じがしますが、著者は意図的に表記したのでしょうか?2018/11/28

いたろう

66
クロエという男を手伝って、ヤクザから、時価5億8千万円もの金塊を奪った葉山和之だったが、クロエが何者かに殺され、金塊を全て奪われてしまう。一体、誰がクロエを殺して金塊を奪ったのか。金塊を探すヤクザ、殺人犯を探す警察、そして、葉山とクロエの仲間たち、それらが入り乱れて織りなす一級のクライムエンターテインメント。舞台は神戸。葉山と迷宮入りした1994年の史上最大の銀行強盗事件の犯人との関係、その後の1995年の阪神大震災等、実際にあったできごとを織り込み、ストーリーにリアリティを持たせているのも面白いところ。2019/05/10

あっ!chan

50
妹の治療費の為に犯罪の道に踏み出してしまった主人公の和之、金塊の強奪には成功したに思えたが、落ち合い場所に行ってみたらパートナーの死体が…貧困社会に生きるキャラだちの仲間や金塊を取り戻したいヤクザとそれを追っかける刑事、更にシングルマザーの母親も絡んだ動きに和之はじわじわ追い詰められていく。人間関係が明らかになった物語の終盤、事件が解決したかにみえたまさに「黄金の代償」誰も幸せになっていない事に気づく最後の最後でちょっと明るい未来が…不覚にも思わず胸が詰まったエンディングだった。2020/10/18

きさらぎ

43
神戸が舞台なので場所のイメージはつかみやすかったけど、あの平和で静かな場所であんなこと!? ピンチなのにどこか危機感が薄い。時系列に沿った書き方も苦手なため最後まで気分が乗らなかった。福田作品、好きなのが多いんだけど、これは登場人物に同情できなかった。キムさんの素性がわかりやすすぎ。なのに当事者が最後まで気づかないのが気に入らない(笑) 2018/12/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13069098

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。