青嵐の坂

個数:

青嵐の坂

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月22日 03時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 316p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784041070185
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

正義を貫く武士の覚悟が胸を打つ、傑作時代長編!藩のため、妻のため、男は荊の道を歩み出す――。

生きるとは?正しさとは?
不正を許さぬ武士の覚悟が胸を震わす、葉室文学の真骨頂!


城下の「お狐火事」をきっかけに、扇野藩の財政は破綻の危機に瀕した。

中老に登用された檜弥八郎は藩政改革に着手するが、改革は領民の生活を圧迫、人々は「黒縄地獄」と呼んで弥八郎を嫌った。
そんな折に弥八郎は収賄の疑いで糾弾され切腹、改革は三年でとん挫する。
弥八郎の娘・那美は、親類の中で最も貧しい、遠縁の矢吹主馬に預けられた。
――その数年後。
弥八郎の嫡男、慶之助は、代替わりした新藩主の側近として国入りを果たす。
父・弥八郎の改革に批判的だった慶之助は、自らの考える藩政改革に意欲を燃やし、藩札の発行など、新しい政策を提案する。
警戒する家老らは、主馬を呼び出し、那美を妻とせよと命じた。
主馬に檜家の家督を継がせることで、慶之助を排除しようとしたのだ。
だが主馬は、弥八郎からある密命を受けており――。

「政を行うということは、いつでも腹を切る覚悟ができているということだ。そうでなければ何もできぬ」

正義を貫く武士の覚悟が胸を打つ、傑作時代長編。
映画化で話題沸騰の『散り椿』に連なる、扇野藩シリーズ!

葉室 麟[ハムロ リン]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

180
「生きていくことは、自分が誰かから傷つけられているだけでなく、誰かを傷つけていることなのかもしれない。だとしたら、ひとにできることは罪滅ぼしだけ。生涯、誰かのためになにかをする道があるのなら、そのことをしなければならない。」何処かの偉い人や自分自身に問いたい言葉を、扇野藩を立て直すため私怨のために切腹させられた父を持つ娘・那美に云わせる葉室作家が良い。その夫となる主馬や兄・慶之助が民と藩の為、粉骨砕身する物語。いつも飢饉や飢餓で苦しむのは弱き者なのだ。葉室作家逝っても作品で会えるのが嬉しい。2018/06/30

starbro

170
葉室 麟は、新作をコンスタントに読んでいた作家です。逝去後も新作が続いています。本作は、久々の扇野藩シリーズ、ハードボイルド時代小説でした。8、9月とまた新作が出版されますが、何時まで新作が読めるのでしょうか?2018/08/02

初美マリン

83
作者らしく、想像通りですが、最後は涙します。人は外からは、わからないと。2018/11/10

優希

58
面白かったです。いわゆる武家ものですが、斬り合う仇討ちではないのが好みでした。最後も清々しく感じました。2021/04/07

それいゆ

52
最後はホッと胸をなでおろすいつものパターンでしたが、高評価の部類に属する秀作でした。9月28日に映画「散り椿」が公開されますが、この作品も映画化に値する出来栄えでした。2018/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12790807

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。