角川文庫<br> 埋もれた青春―懐しの名画ミステリー〈3〉 (改版)

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
埋もれた青春―懐しの名画ミステリー〈3〉 (改版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月22日 21時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 266p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041070161
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

名作映画からインスピレーションを得て描く、珠玉のミステリー短編集第3弾妻の身代わりで殺人罪で刑務所に入った男が二十年ぶりに出所してみれば……ゆるやかな恐怖を包み込みながら、ユーモアとサスペンスに満ちあふれた懐しの名画ミステリ五編。

赤川 次郎[アカガワ ジロウ]
著・文・その他

内容説明

妻の身代わりに殺人の罪で服役していた男が、20年ぶりに出所した。迎えの姿はなく仕方なく歩き出すと、目の前で停ったスポーツカーから降りて来たのは、立派に成長した娘。促されるまま、連れて行かれた先は、ペントハウスだった。今までとは全く違った豪華な生活が用意されており、妻と新しい人生を歩み始めたが…。家族間の知らない秘密、隠していた弱みを他人に握られる恐怖が描かれた、ミステリー短編5編を収録。

著者等紹介

赤川次郎[アカガワジロウ]
1948年、福岡県生まれ。76年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Kana

9
名画シリーズは初読み。名画を観たことはないけど面白く読めた。最後の『草の上の昼食』は殺人とか出てこないしハッピーエンドで良かった。赤川次郎さんの作品は読みやすくて一気読み。2018/08/04

蕭白

6
懐かしい雰囲気が漂っていて、いい時間が過ごせました。2018/08/11

リリパス

3
5つのお話が入っている短編集です。どちらかというと、もの哀しいお話が多かったような感じです。2018/10/24

ガロ

0
×

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12920706

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。