角川文庫<br> 怪盗探偵山猫―月下の三猿

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
怪盗探偵山猫―月下の三猿

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月27日 15時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 365p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041070147
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

天才窃盗犯・山猫の華麗なる神技をご覧あれ!痛快ピカレスク・ミステリー!猿の仮面を被った謎の男たちに襲われた少女を助けた勝村。少女は猿の娘と名乗り、父が遺したある物を見つけるために山猫を探しているという。かつて世間を賑わした窃盗団・三猿が関係しているらしいが……。

神永 学[カミナガ マナブ]
著・文・その他

内容説明

悪事を暴き、ついでに金を盗む、神出鬼没の怪盗「山猫」は新時代の鼠小僧か、はたまた単なる盗人か!?雑誌記者の勝村は、猿の仮面を被った謎の男たちに襲われた少女を助ける。少女は猿の娘と名乗り、父が遺した“猿猴の月”なる物を見つけるために山猫を捜しているという。どうやらかつて世間を賑わせた伝説の窃盗団・三猿が関係しているらしいが…。前代未聞のスピード感で贈る、痛快ピカレスク・アクション・ミステリー!

著者等紹介

神永学[カミナガマナブ]
1974年山梨県生まれ。2004年『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』で、プロデビュー。同作から始まる「心霊探偵八雲」シリーズが、若者を中心に圧倒的な支持を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

itico

63
前作を読んだのはいつだっけ?と思うほど久しぶりの山猫は、相変わらずのお惚けぶり。勝村は毎度のことながら痛い目にばかり会う。女子高生みのりは最早、山猫一味?そしてもう一人の少女、サキが今回のキーマン。窃盗団三猿と破天荒な刑事犬井、謎の集団、それぞれの関係性が掴めなくても、命の危機に晒されても、山猫なら大丈夫と言う根拠のない確信があるから安心して読めるんだよね。うん、面白かった。さて次回、文庫化はいつかな? 2020/08/28

優希

63
相変わらずのスピード感がありますね。猿の娘と名乗る少女と三猿の絡むミステリー。山猫の活躍も痛快です。色々な要素が盛り込まれていて楽しかったです。勝村さんがだんだん只者ではなくなってきたような気がするのは気のせいでしょうか。2019/01/15

真澄

36
シリーズ5作目。勝村は今回常にボコられているね。山猫シリーズはあと一冊、ラストはどうなるのかな。2020/09/15

Junichi Yamaguchi

35
『天才窃盗犯の山猫様』… 安定感のある楽しい読書。 天敵の過去も明らかになった今作。 次作以降にも期待。。2018/12/05

薦渕雅春

32
このシリーズは初めて読むが、2006年を最初に、5作目とのこと。テレビドラマで 亀梨和也さんが演じてたのではないかなぁ。イケメンで面白い山猫、セリフにも行動にもお茶目なところを出している。「自惚れ屋さんだね」「女は、自惚れてる男に惚れるんだよ。だから、おれの周りには、女が寄ってくるのさ」本著では〈猿猴の月〉が鍵を握っている。「故事だよ。猿が井戸に浮かぶ月を自分の物にしようと、必死に手を伸ばした」「その猿は、井戸に落ちて溺れ死んだ。この話の教訓は、身分不相応なものを手に入れようとすると、自滅するってことだ」2019/03/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13135540

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。