角川文庫<br> 明日なき十代―懐しの名画ミステリー〈4〉 (改版)

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

角川文庫
明日なき十代―懐しの名画ミステリー〈4〉 (改版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年06月02日 21時26分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 299p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041069813
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

人気ラブホテルの一室で、殺人事件が起きた。「私、今、人を殺したんです」と名乗り出たのは、なんと名門女子校に通う高校生。しかし、手にはべったりと血が付いていたが、凶器が見つからない。さらに、捜査にあたった三河刑事のもとに、「事件から手を引け」という脅迫状や爆発物が届けられた。事件解決の鍵を握るのは、被害者と高校生の接点だったが―。殺人から読み解かれる事件の真相とは…!?ミステリー短編4編。

著者等紹介

赤川次郎[アカガワジロウ]
1948年、福岡県生まれ。76年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。作品が映画化されるなど、続々とベストセラーを刊行。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

懐しの名画ミステリー第四弾!ラブホテルで起こった殺人事件の被害者は、警察署長の息子! しかも容疑者は名門女子高生だった。しかも事件の捜査にあたった刑事のもとに、「事件から手をひけ」という脅迫状や爆発物が届けられて……。

赤川 次郎[アカガワ ジロウ]
著・文・その他