角川文庫<br> ライオットポリス

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

角川文庫
ライオットポリス

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月20日 15時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 384p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041069028
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

カリスマ女子高生、公安警察、そしてハロウィン。渋谷で何かか起こる!渋谷の円山町のラブホテルで高齢の男性の性交死と思われる死体が発見された。男の身元は間もなく、近くの介護ホームに住む元校長の藤村と判明。そして、防犯カメラには現場を立ち去る制服姿の少女が映っていた。数日後、警察上層部からの指令によって事情聴取されたのは、絶大な支持を集めるカリスマ女子高生の神子だった。藤村と神子の関係を追う刑事たちの背後で、動き始める公安特殊課。驚愕の結末が待ち受ける長篇警察小説。


鳴海 章[ナルミ ショウ]
著・文・その他

内容説明

渋谷の円山町のラブホテルで高齢の男性の性交死と思われる死体が発見された。男の身元は間もなく、近くの介護ホームに住む元校長の藤村と判明。そして、防犯カメラには現場を立ち去る制服姿の少女が映っていた。数日後、警察上層部からの命令によって事情聴取されたのは、絶大な支持を集めるカリスマ女子高生の神子だった。藤村と神子の関係を追う刑事たちの背後で、動き始める公安特殊課。驚愕の結末が待ち受ける長篇警察小説。

著者等紹介

鳴海章[ナルミショウ]
1958年北海道生まれ。日本大学法学部卒業。会社勤務を経て、91年に『ナイト・ダンサー』で第37回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。航空サスペンス、クライシスノベル、警察小説、時代小説など活躍のジャンルは多岐にわたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シアン

6
悪意のないテロを公安が追うという話なのだけど、結局細々した事案がどう繋がるのかがよく分からない。伏線が繋がっていく、あの爽快感がなかったのが残念。2018/11/02

ドットジェピー

6
イマイチ分かりにくかったです2018/06/01

こいきんぐ

3
話が繋がるまではかなり苦戦したけど、途中からは楽しめた。もう一捻りあってもよかったかも。2018/07/26

Hideo

1
ん?鳴海さんのにしては期待外れ... 人間関係が複雑に絡むかと思いきや...肩透かし!?2018/07/11

johngaraman

0
たとえコロナ騒ぎがなくってもオリンピックが嫌いになる物語。今のやるやらないの騒ぎはもう泥沼なんだろうけどちゃっかり私腹を肥やすやからも多い事なんだろう。 と物語を鵜呑みにして舞い上がるのだから、「頭の中に言葉を持て」って言われちゃうんだよ。 スマートフォンと洗浄便座がないと生きていけない男子には戦争は無理なんだね。今年のハロウィーンで渋谷はどうなるんだろう馬鹿騒ぎが起こるぐらい取り戻せてると良いな。2021/05/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12844815

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。