角川文庫<br> 代体

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり

角川文庫
代体

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月01日 07時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 480p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041068953
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

科学が論理を押しつぶす近未来――現代社会に問う衝撃の問題作!近未来、日本。そこでは人びとの意識を取り出し、移転させる技術が発達、大病や大けがをした人間の意識を、一時的に「代体」と呼ばれる「器」に移し、日常生活に支障をきたさないようにすることがビジネスとなっていた。大手「代体」メーカー、タカサキメディカルに勤める八田は、最新鋭の「代体」を医療機関に売り込む営業マン。今日も病院を営業のためにまわっていた。そんな中、自身が担当した患者(代体)が行方不明になり、山の中で無残な姿で発見される。残される大きな謎と「代体」。そこから警察、法務省、内務省、医療メーカー、研究者……そして患者や医師の利権や悪意が絡む、壮大な陰謀が動き出す。意識はどこに宿るのか、肉体は本当に自分のものなのか、そもそも意識とは何なのか……「科学が倫理を押しつぶす世界」を描いた、「百年法」を凌駕するエンタテインメントがここに誕生! 解説:藤田直哉

山田 宗樹[ヤマダ ムネキ]
著・文・その他

内容説明

体から意識を取り出す技術が確立された日本。取り出した意識を一時的に宿らせることができる人造の人体は「代体」と呼ばれ、急速に普及しつつあった。そんな中、代体を使用中に失踪した男が、無残な姿で発見される。意識はどこへ消えたのか?空となった汚れた代体が、代体メーカーの営業マン・八田輝明を、利権と思惑が絡み合う狂気の渦に巻き込んでゆく。行き過ぎた科学が倫理を侵食する世界を描く、衝撃の近未来サスペンス。

著者等紹介

山田宗樹[ヤマダムネキ]
1965年愛知県生まれ。98年に『直線の死角』で、第18回横溝正史賞を受賞。2013年、『百年法(上)(下)』で第66回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nobby

133
うーん、個人的にはあまりハマらず残念…一時的に取り出した意識を宿らせられる「代体」その使用期限は1ヶ月、利用は1回までとなれば、そこに留まらない悪巧みも出てくるわけで…SF展開にドキドキしながら一気には読んだのだが、もう少し科学技術的な近未来に触れたかったかな…人類の危機へ繋がるという実験それが導く新世界なるモノに全く惹かれなかったのが無念…あくまで自分が今の不自由ありきの人間像に満足しているからこそ、その理想が響かないのか…確かに読み終わって見返す冒頭に上手さ感じるけど、少しわざとらしく思えてしまった…2020/04/26

のんき

82
病院に入院して、重症で手術も必要となると、痛みとか苦しみが耐えられないときもあります。そんなとき、代体があれば、意識だけは別のところにあって、肉体はそのまま。それなら痛みなんか感じなくて便利だな。でも、もし自分の肉体が死んでも、意識だけは別の人の体で生きている場合、わたし個人としては、そこまでして生きたくないなって思いました。だって今までこの体で生きてきたし、愛着もあるかな。今まで生きてこれたのも、この体があったから!この体で辛いこともあったけど、楽しいこともいっぱいあったもん。自分の体に感謝しようっと!2018/09/20

バネ

61
意識って何だろう。人間とは何をもって定義されるのだろう。色々と考えさせられる作品だった。そして、終盤の八田の意識が周回する件には、恐怖を感じた。意識で思考するのみで、身体がない為にどうするコトも出来ない状態て。。想像するだに恐ろしい。 相変わらずの読み応えある作品だった。2019/04/02

dr2006

45
衝撃的!生死に関する倫理観が犯され前頭葉がヒリヒリする。脳そのものを再現できる脳デバイスが開発された。例えば治療で、脳デバイスを搭載した人造人体「代体」に意識を転送し、意識が抜けた肉体は治療されるが苦痛は感じない。人は何にでも意思の存在を読み取ろうとするが、デバイス上に転送された意識や意識が抜けた肉体は生きていると言えるだろうか。脳デバイスの中で生き続けた意識が、本当に恐れていたのは肉体からの干渉なのかもしれない。自分の心は確かに有るのにそれが身体のどこにあるのかわからない。まさか代体じゃないよな?2020/05/10

Junichi Yamaguchi

44
『希望は、時として麻薬になる』… 初期の頃の医療、生死というテーマと最近のSFが混ざり合ったような作品。 少し説明が難しいかな⁈ でも、近未来への切り方はサスガ山田さん。 ただ、パーマンのコピーロボット最強!と思いながら読んでいたことは内緒です。。2018/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12873218

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。