角川文庫<br> 傘をもたない蟻たちは

個数:

角川文庫
傘をもたない蟻たちは

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月26日 00時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041068885
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

溺れるほどの孤独に心が震える NEWS・加藤シゲアキ初の短編集。かなわない――。天才肌の彼女に惹かれた美大生の葛藤。
書いた原稿がそのまま自分の夢で再現される不思議な現象にのめりこんでいく小説家の後悔。
幼なじみの秘密を知り、彼との接し方がわからなくなってしまった男子中学生の苦悩。

自分の心に正直でいたいだけなのに。
誰もが胸に抱える生きづらさを鮮烈に切り取った、著者初の短編集。

単行本未収録作品であるタイムリープSF「おれさまのいうとおり」を加えた全7編。

加藤 シゲアキ[カトウ シゲアキ]
著・文・その他

内容説明

かなわない―。天才肌の彼女に惹かれた美大生の葛藤。書いた原稿がそのまま自分の夢で再現される不思議な現象にのめりこんでいく小説家の後悔。幼なじみの秘密を知り、彼との接し方がわからなくなってしまった男子中学生の苦悩。自分の心に正直でいたいだけなのに。誰もが胸に抱える生ぎづらさを鮮烈に切り取った、著者初の短編集。単行本未収録作品であるタイムリープSF「おれさまのいうとおり」を加えた全7編。

著者等紹介

加藤シゲアキ[カトウシゲアキ]
1987年生まれ。大阪府出身。青山学院大学法学部卒。2012年1月、『ピンクとグレー』で作家デビュー。同作は16年に映画化され、大ヒットした。NEWSのメンバーとして芸能界でも活躍の場を広げ、ドラマやバラエティ、情報番組などに出演し、アイドルと作家の両立が話題を呼んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

112
なんとなくテレビをつけたら「徹子の部屋」。その日のゲストは知らない青年。ジャニーズのNewsのメンバーで作家だと徹子さんの紹介に、急に興味を持ち、どんな本を書くのかなと読みたくなった。若い時の浅はかさ、とても大事なものだから大切にしなければいけないと頭のどこかで分かっているのに通り過ぎてしまったことたち。登場人物たちは若いから、まだ取り返せそうな時なのに、彼らはもうそれをあきらめたものとしている。そんな若さが、とてもいいなと思った。2020/06/13

クプクプ

75
短編集。この作品を読むのはハードカバーで読んで以来、二度目。最初に読んだときは「インターセプト」が特に面白いと思いましたが、今回は、食と人間の欲望がテーマの「イガヌの雨」がまず面白いと感じました。一番、面白いと感じたのは「にべもなく、よるべもなく」です。この短編には加藤シゲアキが少年の頃書いた「妄想ライン」という小説が冒頭に実際に書かれています。「にべもなく、よるべもなく」の物語は中学生の少年を主人公に、まるでドラマを見ているように読者を誘い込みます。加藤シゲアキが俳優をやっているから書けた文章でしょう。2021/03/25

TAKA

67
率直に言って面白かった。現代の男達の苦悩の描き方が上手いです。それは学生であったり、サラリーマンであったり、小説家であったりと、男しかわからない孤独と苦悩が伝わってくる。『Undress』『インターセプト』の情けない男の象徴とも言えるし『にべもなく、よるべもなく』男の子特有の独占欲にもがく姿。加藤シゲアキ侮れない作家です。2021/10/24

Junichi Yamaguchi

52
『喜びは有限。悲しみは無限。』… 生と性。 ある意味で小説家、加藤シゲアキの始まりを感じる作品。 前作までの3作品は、とても好きな作品だがアイドルであり芸能人である著者が見え隠れする部分を感じた。だが、この作品には短編集ということもあるのかもしれないが、全く著者を感じることがなかった。 小説家、加藤シゲアキのこれからに期待が高まる。。2018/07/09

RASCAL

28
加藤シゲアキさんの作品は「ピンクとグレー」に次いで2作目。又吉直樹さん、押切もえさん、沙倉まなさん、藤崎彩織さん、芸能人の方々の書く小説って、自分のフィールドを題材にしたものがほとんど、加藤さんの前作もそうだったのだが、今回の短編集は全然違って、内容も多彩。シリアスさの中にどことなく面白みもあって、文章も生き生きとしていて読みやすい。ジャニーズ事務所と侮ってはいけない。こっちを本業にしてもいけるんじゃないか?2019/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12872367

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。