角川文庫<br> 早期退職

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

角川文庫
早期退職

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月17日 20時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041068878
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

辞めるか、残るか――メーカー勤続30年、52歳課長の決断は――。辻本壮平、52歳。菓子メーカー営業課長。妻子あり、住宅ローンはほぼ完済ずみ。 ある日突然、早期退職募集が開始される。辞めるべきか、会社にとどまるか、どちらが得かで悩む辻本課長の選択は――。

荒木 源[アラキ ゲン]
著・文・その他

内容説明

ある日突然、会社で早期退職募集が始まった―。辻本壮平52歳、菓子メーカー課長。これは体のいいリストラなのか、それとも第二の人生をスタートするチャンスなのか。上乗せされる退職金、憧れだった田舎暮らしの可能性。辞めるか残るか悶々と悩む中、周りでは早々に早期退職を決断する者あり、会社にしがみつく者あり。そんな中会社を未曾有の危機が襲い―。会社で働く者の苦悩と誇りを描き出す、エンタメ小説。

著者等紹介

荒木源[アラキゲン]
1964年、京都府生まれ。東京大学文学部仏文科卒、朝日新聞社に入社。2003年『骨ん中』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

小説を最初に書いた人にありがとう

106
ほぼ同世代の主人公、菓子メーカー営業課長の辻本。スタートから半分以上、早期退職を迫られた半リストラ待遇に対し鬱々と煮え切らない話が続き中弛みするものの、後半は人が変わったような展開。全体を通してサラリーマン人生の後半を過ごすヒントをもらった気もする。お荷物と思っていた若手女子社員の実態のくだり、実際の職場でも身近に起きていそうな話だと考えさせられる。2018/11/29

くろにゃんこ

47
52歳、会社で早期退職者の募集が始まり、肩たたきもされ...退職後の話かと思ったら退職するかを悩む話でした。その間に不正が発覚したりと色々あるのですが、周りに左右されやすい主人公ですね。後半は妙に上手く進んだりもしますが読みやすく面白かったです。2018/09/27

つぼ

27
読みやすかった。実際自分も同じ立場だとしたら主人公のように右往左往するんだろうな・・サラリーマンは気楽な稼業ではないよ。2018/12/16

AU.Step

20
早期退職。個人的に最近やたら現実味を帯びて来ている単語という事もあって読んでみた。全体の7割くらいまでは早期退職を上司から仄めかされた主人公が右往左往する話。その反応が笑ってしまうほど類型的すぎるが、その立場になるとそんな反応をしてしまうものかも。その後、会社の経営危機に直面する事で開き直りからの活躍、という展開。この部分が大雑把な感じで、爽快感を得られるほどでは無かった。身につまされる描写も多く、自分の身の振り方も真面目に考えなくては、とは思わされた。2019/11/04

NAOAMI

18
50代前半の菓子メーカー課長が突然の早期退職勧奨を受け右往左往。僕も満足いく会社人生送ってるわけじゃないが、彼の乱れ方は情けない。セカンドライフに対する考え、見込み、心構えが稚拙過ぎて共感できない。真面目な割には周りに影響されまくり。実際こうなっちゃうのかな?僕も。ラストは自分の道を定め強くなるのだが、突き動かされ方がやる気やスキルを認めてあげられなかった女性部下との対話。後はドタドタと頁節約なのかすっ飛ばし終了。会社の先行き不安と不祥事が連動してないし、モヤモヤ量多く読み応えない。家族関与も物足りない。2019/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12957715

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。