新訳 メアリと魔女の花

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり

新訳 メアリと魔女の花

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月18日 12時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784041055649
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

メアリは、夏休みのあいだ、森のそばの屋敷に住む、大おばさまにあずけられることになった。真っ黒な子ネコについていくと、七年に一度しか咲かないふしぎな花“夜間飛行”を見つける。それは、一夜かぎりの魔法をさずける「禁断の花」だった―。魔法を使えるようになったメアリがほうきで飛び立った先には―絵コンテから選びぬいた美しい挿絵を多数収録!

著者紹介

スチュアート,メアリー[スチュアート,メアリー] [Stewart,Mary]
1916~2014年。イギリスの女流作家。1954年『Madam,Will You Talk?』で文壇デビュー。『メアリと魔女の花』はメアリーが子どもたちのために書いた、初めての物語

越前敏弥[エチゼントシヤ]
1961年、石川県金沢市生まれ。翻訳家

中田有紀[ナカダユキ]
東京都出身。越前敏弥氏に師事して、翻訳の仕事にたずさわる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

一夜かぎりの魔法を使えるようになったメアリは、ほうきで飛び立つ! その先には、信じられないような冒険が待っていた──