ロッキード疑獄―角栄ヲ葬リ巨悪ヲ逃ス

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり

ロッキード疑獄―角栄ヲ葬リ巨悪ヲ逃ス

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 596p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784041054734
  • NDC分類 326.21
  • Cコード C0095

目次

第1部 追い詰められる角栄(発覚の真相;三木の怨念と執念;ロッキード事件はなぜ浮上した;キッシンジャーの「秘密兵器」;角栄の運命を決めた日;L資料の秘密)
第2部 なぜ田中を葬ったのか(日中国交正常化に困惑した米国;北方領土で米ソが密約;田中文書を渡した真意)
第3部 巨悪の正体(児玉の先に広がる闇;日米安保体制を揺るがす)

著者等紹介

春名幹男[ハルナミキオ]
国際ジャーナリスト。1946年、京都市生まれ。大阪外国語大学(現・大阪大学)卒業。共同通信社入社。ニューヨーク特派員、ワシントン特派員と支局長、特別編集委員などを歴任。在米報道12年。1994年度ボーン・上田記念国際記者賞、2004年度日本記者クラブ賞受賞。07~12年名古屋大学大学院教授・特任教授、10~17年早稲田大学大学院客員教授。外務省「いわゆる『密約』問題に関する有識者委員会」委員を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。