角川文庫<br> 新八犬伝 結

個数:
電子版価格
¥792
  • 電書あり

角川文庫
新八犬伝 結

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2024年05月30日 16時23分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041047859
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

玉梓、網乾左母二郎、犬塚信乃…。伝説の人形劇のラストを覚えていますか?悪女舟虫の計略にはまり、管領扇谷定正に捕えられた犬塚信乃。扇谷は信乃を使って八犬士の残りをおびき出そうとしていた。救いに現れた犬飼現八も捕まってしまう。一方、鎌倉の町では関東管領扇谷が安房の国里見義実を打ち滅ぼそう戦の準備を進めていた…。『南総里見八犬伝』の大胆な解釈のもと、大人気を博した伝説の人形劇。その脚本化が書き下ろした完全小説版の最終話を収めた全四巻完結巻! (解説:京極夏彦)

一 現八山賊と間違われ、謎解きの機会を掴む
二 断崖の下に左母二郎、風雲急也丹後半島
三 洞窟に響く骨の歌声、謎は謎を呼ぶ経ケ岬
四 外国人(とっくにびと)の亡霊現れ、ついに怨の珠の謎解決

十五 蜘蛛の糸を食う小犬、道節導いて薬師堂
十六 管領着々と戦の準備、富山に詣でる七犬士





石山 透[イシヤマ トオル]
1959年のNHK『ピエロが泣いた』でテレビのシナリオ作家としてデビュー。1971年、筒井康隆の『時をかける少女』を原作の少年ドラマシリーズ第一作『タイム・トラベラー』が好評を博す。その後、オリジナル続編を執筆し、自身で『続・時をかける少女』として小説化。ついで1973年、NHK人形劇『新八犬伝』のシナリオを担当、これが大ヒットとなる。1977年にはNHK時代ドラマ『鳴門秘帖』、1979年人形劇『プリンプリン物語』のシナリオを担当、『ラーマーヤナ』。SF的発想と独自の楽屋落ちに才腕を揮ったが、58歳で死去。

内容説明

里見家の宿敵、鎌倉の管領扇谷定正は安房の国を滅ぼすため戦の準備を進めていた。一方、安房那古観音の境内では、伏姫ゆかりの七人の犬士がようやく巡りあい集っていた。最後の犬士、犬江親兵衛を探して、犬塚信乃と犬村角太郎は出羽の国に旅立つが、二人の行く手を阻むのは、あの玉梓が怨霊だった!『南総里見八犬伝』の大胆な解釈のもと、大人気を博した伝説の人形劇。その完全小説版、完結巻!

著者等紹介

石山透[イシヤマトオル]
1958年に脚本家デビュー。85年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sibarin♪

25
あー終わってしまった。怨霊を鎮めるためにゝ大法師そんなことしたっけ? 記憶にない。…八人の犬士達、お人好しで騙されたり海で溺れかけても伏姫様も役行者も見捨てない、遠く出羽の国までどうやって行く?間に合わないぞと思いきや まさかの役の行者の不思議な力。最後に八犬士達は球に乗り 行ったっきりか戻るのか…さすが『結』どんどん進んでアレヨアレヨと言う間に読了。九ちゃんの黒子の語りもこれで 結。2017/08/10

agtk

6
転・結と一気読み。読みながら、坂本九さんの声と辻村ジュサブローさんの人形で脳内再生された。「閑話休題」とか「因果はめぐる糸車」とか名調子だったなぁ。「我こそは玉梓が怨霊」はみんなで真似をした。犬塚信乃と浜路が大好きだったので、ラストシーンはジーンとしたのを思い出した。小学生の時のことなのに覚えているものだ。読んでよかった。2017/06/03

はーこ

5
人形劇は見ていませんが、この本(以前は3冊)は兄か姉が買ってもらっていたらしく家にありました。兄姉は人形劇みてましたし。 そのため、この小説版は何回も何回も読んでおりまして、私の中の八犬伝はこれなんですよね。 ああ、人形劇版も見たい。2017/08/16

garyou

4
やっと親兵衛が登場して、でもすぐに物語は終わる。この巻ではとうとう父の仇を討った道節がしかし虚しさを覚え、この世の地獄を作り出すのは力や権力を持った者だと悟った親兵衛はひとたびは侍を捨てようと思う。そんな中、さもしい網干左母二郎にもいいところがあったりしてちょっと和む。「新八犬伝」も録画が見つかったりするといいのにな。2017/08/15

長老みさわ/dutch

4
1話15分とはいえ2年間464話に及ぶ長編人形劇を文庫本4巻にノベライズ(重金碩之) リアルタイムで夢中になっていた身には「玉梓が怨霊」の操演やテーマ曲・エンディング曲がまざまざと甦るような絶妙なノベライズだが、このノベライズを読んでもおよそ映像化しようとは思えないところがこの人形劇のすごさだったと思う。 ざっくり削ったエピソードもある気がするけれど、それにしても素晴らしい語り口であった。2017/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11911228
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。