角川文庫<br> B級恋愛グルメのすすめ

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり

角川文庫
B級恋愛グルメのすすめ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041036273
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

島清恋愛文学賞受賞作家の キュートでユーモラスな美食&恋愛エッセイ!自身や周囲の驚きの恋愛エピソード、思わず頷く男女間のギャップ考察、ラーメンや日本酒への愛、同じ相手との再婚式レポート etc.…。出産時のエピソードを文庫書き下ろし。解説は、夫の小説家・佐藤友哉。

島本 理生[シマモト リオ]
著・文・その他

内容説明

美味しい食とお酒があるところ、恋の香りあり!(ただしB級!?)深夜の女一人ラーメン、日本酒仲間との彼氏列伝トーク、傷心旅行先で出合った極上のウニと蟹、焦げてて苦いバレンタインデー、オムライスで意気投合した元夫、同じ相手との再婚式レポートetc.…。恋愛小説家ならではの嗅覚で見つけた、恋と美食の美味しい関係。妊娠・出産時のエピソードを文庫書き下ろし。

目次

ラーメン女子の実態
日本酒よもやま
危険な夏の恋がしたい
手料理でポイントを稼げ!
カテゴライズできない男子
美味しいクリスマスのために
女子力よりも童女力
フランス映画に学ぶ
男の色気とは(初心者編)
おひとり様でどこまでも〔ほか〕

著者等紹介

島本理生[シマモトリオ]
1983年東京都生まれ。2001年「シルエット」で第44回群像新人文学賞優秀作を受賞。03年『リトル・バイ・リトル』で第25回野間文芸新人賞を同賞史上最年少で受賞。05年刊行の『ナラタージュ』が各界の絶賛を受け、累計40万部を超えるベストセラーに。15年『Red』で第21回島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りゅう☆

96
ラーメン女子、お酒大好き島本さんの恋愛エッセイ。20代半ばバツ一独身女子が恋バナに盛り上がるもちょっとおっさんを見せたり。切なくて真摯な恋愛作風の島本さんからは意外な印象。色気のない男子柴くんのKYな部分の島本さんの心のつぶやきが面白い。島本さんって佐藤友哉さんと結婚→1年で離婚→再婚。その再婚式への道のり、夏の長い長い一日として出産のことも描かれている。エッセイで夫佐藤さんの人柄の良さと面白さに触れ、妻への思いやりの溢れた解説読んでると一度離れたからなのか、なんだかいい距離感の素敵な夫婦だと思いました。2018/04/08

aoringo

80
島本理生さんの二十代の頃のエッセイ。ご本人のあとがきにもあったように、素顔の島本さんは小説の切ないような世界観と全然違う。自分の友達にもこんな人いるなと親近感が湧きました。食をテーマにしているので様々な美味しそうな品が並ぶ。結婚、再婚の経緯は読んで初めて知りました。お酒好きの失敗談もあったり、とにかく読みやすくて面白かったです。ページ数が少ないのでもっとボリュームがあっても良かったかも。2022/10/04

misa*

66
島本理生さんって想像してた方と良い意味で正反対なんだ!って感じたエッセイ。小説読んでると、もっと絡まったような難しい女性なのかと思ってたけど、けっこうサッパリしてて面白い!そして若い頃から文才が凄くてやっぱり好きだなぁって、改めて島本理生さんが大好きになりました。あたしにとって1番好きな作家さんでもあるので、もっともっと知りたい!エッセイまた出して欲しいな〜。2020/01/04

ぶんこ

57
一人でラーメン屋に入り、一人でリゾートホテルに泊まりに行く島本さん。小説から受ける繊細さと違い、素の正直な女性像に好感を持ちました。ご本人が「なんて元気だったんだろう。中略 書いておいてよかった」とあとがきに書かれているように、エッセイになった事で思い出を遡り易くなった。ふと、作家ではない普通の人でも、日記やブログを残す楽しさを知った。元夫と再婚し子どもともできました。今度はお子さんも登場するエッセイを読んでみたいです。2016/09/28

ユメ

57
島本理生さんのエッセイは初めて読む。冒頭のラーメン話から心をぐっと掴まれた。作家が妄想たくましい姿をエッセイで見せてくれるのが本当に面白い。同じぐらい好きなのがお酒の席での武勇伝。道で倒れるぐらい酔いつぶれていたら、ひょっとするとその場に居合わせた人は大変なのかもしれないけれど、こうして本を通して聞かせてもらうのはとっても楽しい。離婚、同じ相手との再婚、そして震災。島本さんが自分の身に起こったことをエッセイとして昇華している姿を見て、自分の生き様を書くとは、何と力強い生き抜く術だろうと眩しく感じた。2016/04/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10124201
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。