反応しない練習―あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

反応しない練習―あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

  • ウェブストアに310冊在庫がございます。(2022年05月20日 07時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784041030400
  • NDC分類 159
  • Cコード C0030

出版社内容情報

悩みは「消す」ことができる。そしてそれには「方法」がある――ブッダの「超合理的で、超シンプル」な教えを日常生活に活かすには? 注目の“独立派”出家僧が原始仏教からひもとく“役に立つ仏教”。

内容説明

“独立派”出家僧が教える使える「原始仏教」入門。

目次

第1章 反応する前に「まず、理解する」
第2章 良し悪しを「判断」しない
第3章 マイナスの感情で「損しない」
第4章 他人の目から「自由になる」
第5章 「正しく」競争する
最終章 考える「基準」を持つ

著者等紹介

草薙龍瞬[クサナギリュウシュン]
僧侶、興道の里代表。1969年、奈良県生まれ。中学中退後、16歳で家出・上京。放浪ののち、大検(高認)を経て東大法学部卒業。政策シンクタンクなどで働きながら「生き方」を探究しつづけ、インド仏教指導僧・佐々井秀嶺師のもとで得度出家。ミャンマー国立仏教大学、タイの僧院に留学。現在、インドで仏教徒とともに社会改善NGOと幼稚園を運営するほか、日本では宗派に属さず、実用的な仏教の「本質」を、仕事や人間関係、生き方全般にわたって伝える活動をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

舟江

270
平明な文章で書かれているので、読み易くはあるが奥の深い文章であった。 一番感じ入ったところは、「ブッタは確かめようのないことは、最初から取上げない」世界は永遠か、終篤があるか。有限か、無限か。霊魂は存在するか、しないか。死後の世界があるか、ないか。私はこれらのことを、確かなものとして説かない。2017/08/02

NICKNAME

181
書店でタイトルを見た時、もう何年の前に読んだ僧侶の小池龍之介氏の新しい著書かと思い手に取ってみたが著者が違っていたし目次を見て何となく買ってみた。宗教としての仏教ではなく、元になっているブッダの教えをとても分かり易く説明してくれていて為になる。そちら関係では過去にも苫米地英人氏の著書を何冊か読んで参考にしているが、それらと大まかなところは同じであるが、噛み合わない部分もある。自分なりに統合する必要があると思う。今の自分に大切な事が書いてあると思うので、近い内にまた再読したい。2019/08/03

kou

173
ブッダの教えが心に響く一冊。人の悩み、そして克服方法は古来から変わらない事が分かった。書いていることを実践していきたいが、練習が必要かな。2021/04/07

TomohikoYoshida

153
仕事のストレスが年々増加していき、鬱症状や胃炎、食道炎などになった。仕事をやめてしまえば解決するのは分かっているが、生活があるのでそうもいかない。どうしたら抜け出せるのか、心のあり方の問題だとわかっていながら指針が見出せなかった。 この状況から一転、この本は具体的。ストレスの根本原因もあっさりと分かり、気持ちの落ち着け方、考え方もとても具体的。特効薬とは言わないが、継続的な心がけで気持ちは楽になっていくはず。2019/10/30

みどどどーーーん(みどり虫)

132
あちこちで紹介されてた頃、いつか読んでみようと思ってた本。読み易くわかりやすい。頭の中で「そうねそうね」「そうかそうか」を繰り返しながら読了。【反応しないというのは、無理して我慢することや、無視すること、無関心でいることではありません。悩みを増やしてしまうような無駄な反応を"最初からしない"こと】。その為にどう考えたらいいかが各章のタイトルになってるから、内容忘れたらそれを読み返すだけでも良さそう。反応しないことを考えすぎると『シロクマのことだけは考えるな』になっちゃいそうだしね。思考はシンプルに、だな。2020/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9773418

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。