• ポイントキャンペーン

カサンドラ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784041023419
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

絶海の船上で繰り広げられる、男たちの熱き闘い!

昭和28年。一隻の豪華客船が横浜を出航する。大臣の護衛として乗船した入江秀作は、周囲の様子に目を光らせていた。そう、入江の真の任務は機密情報流出の阻止と、それを持ち出した者の抹殺、だった。

内容説明

昭和28年、夏。“光の女神”の名を冠した客船が改装後初の航海に出る。大臣の護衛として乗船した入江秀作は、周囲に目を光らせていた。―そう、入江の真の任務は「“カサンドラ”の流出を防ぐ」こと。“カサンドラ”とはある機密情報を示す暗号だが、詳細は不明。入江は機密を持ち出した者を抹殺すべく、船に乗ったのだが…。

著者等紹介

桑原水菜[クワバラミズナ]
千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。「風駆ける日」で1989年下期コバルト・ノベル大賞読者大賞を受賞後、90年『炎の蜃気楼』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

95
お初の作家さん。帯に惹かれて・・がーん!字が小さいし上下二段かぁ。誰が誰の指示でどう動いてるのか。そしての裏切り合戦に私の脳はアップアップ。おまけに原爆?水爆?オー!ノー!だがしかし、読み切ったのだ。しかも面白く。亡き父の影響かシベリア抑留・レッド・パージと来たら途中でリタイアは出来ない。ここまで洗脳やら復讐の為の船ごと特攻には引いてしまうが、哀しいかなあり得たかとも思った。核が、報復にならないための抑止力だと?世界の偉い人の言いそうな嘘っぱちの言葉だ!自分を庇って死んだ友の魂が故郷長崎で安らかであれ。2016/01/26

coco

34
豪華客船で繰り広げられる諜報合戦。アメリカ、ソ連、日本それぞれの思惑が絡み合い、ドンデン返しの連続。疑心暗鬼に苛まれ、敵味方の判別がどんどんできなくなっていく。読み応えたっぷりの一冊でした。戦争に翻弄され、終戦後も戦争の傷跡が深く残る彼らを思うと胸が詰まる。ラストの蓮の花が素敵でした。2016/04/15

はるき

24
戦争の傷が未だ癒えぬ時代に起こる豪華客船での諜報合戦。男臭い設定だが、著者が桑原さんなので根底に流れるのは人間の業と情念と絆。ハードカバーで上下二段組の一般文芸。今後の桑原さんの活躍が楽しみ。2016/05/09

Mina Yamauchi

17
重い話で読み応えがありました。でも、エンタメですいすい読めました。船上スパイ物。アグライア号の秘密は話が進むにつれ、わかってきたけど、その後も二転三転して、予想を裏切られ、ハラハラしました。主要登場人物がみんな魅力的でした。男同士の悲しい運命、嫉妬が気になる人は、読んで損はないです。2016/01/06

外道皇帝

16
昭和28年、豪華客船アグライア号が政財界の大物たちを乗せて出航した。大臣の護衛として乗り込んだ入江はアグライア号で起こる諜報戦に参加するためだった。途中で殺人が起き船が乗っ取られたりと展開もテンポよく進む。登場人物たちがそれぞれ思惑を持って活動していて、ほとんどの人物が二重スパイっぽかったりして敵味方が目まぐるしく入れ替わるのも面白い。波照間博士のダイイングメッセージだけ意味不明。あれをモールス信号にしなければいけなかった理由がわからない。普通に2文字にしたほうが早いのに。2016/01/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9886027

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。