角川文庫<br> 静かな黄昏の国

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

角川文庫
静かな黄昏の国

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 382p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041002902
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

これが現実となるのだろうか――〈原発社会〉のその後を描いた戦慄の黙示録国も命もゆっくりと確実に朽ちていく中、 葉月夫妻が終のすみかとして選んだのは死さえも漂白し無機質化する不気味な施設だった……原発社会のその後を描く戦慄の書、緊急復刊!

篠田 節子[シノダ セツコ]
著・文・その他

角川書店装丁室 大武尚貴[カドカワショテンソウテイシツ オオタケヒサキ]
著・文・その他

内容説明

「ようこそ森の国、リゾートピア・ムツへ―」化学物質に汚染され、もはや草木も生えなくなった老小国・日本。国も命もゆっくりと確実に朽ちていく中、葉月夫妻が終のすみかとして選んだのは死さえも漂白し無機質化する不気味な施設だった…。これは悪夢なのか、それとも現代の黙示録か―。知らず知らず“原発”に蝕まれていく生を描き、おそるべき世界の兆しを告げる戦慄の書。3.11後、著者自身による2012年版補遺収録。

著者等紹介

篠田節子[シノダセツコ]
1955年東京生まれ。90年『絹の変容』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。97年『ゴサインタン‐神の座‐』で山本周五郎賞、『女たちのジハード』で直木賞、2009年『仮想儀礼』で柴田錬三郎賞、11年『スターバト・マーテル』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

354
篠田節子の作品は、概ね大ハズレはないが、それでも多少のバラつきは避けられない。ところが、8つの短篇から構成される本書は、いずれも粒揃いといってよいものばかり。近未来的なものが多いが、発想はSFのそれとは違うだろう。むしろ仮想現実に近いか。表題作は構想そのものはいたって普通のディストピア小説だが、寂寥感溢れる黄昏の表出が抜群に上手い。こういうところが篠田節子の本領かと思わせる。また、8篇のそれぞれが趣きと装いを異にしている点も短篇集として秀逸である。2019/07/01

かんらんしゃ🎡

58
書き出しからいきなり持っていかれたぁ。人魚って子供の頃からなじみでノスタルジックであるし、大人になればなったでその煽情的な姿態に惹かれた。興味津々だ。同じ人間と魚でも上下逆なら楳図かずおの半魚人になってしまう。これじゃそそらない。そそらないどころか恐い。本書でもしだいにブラックな様に変容していく。人間に主体があると思う錯覚。欲望欲求の先にある毒。SF・音楽・終末医療など篠田氏のフィールドで不穏な話が拡げられる。2020/01/08

harupon

33
短編8話。ゾクゾクが止まらない。おぞましい。印象に残ったのは「リトル・マーメード」「小羊」「ホワイトクリスマス」一番怖かったのは表題作の「静かな黄昏の国」。2011.3.11の東日本大震災、原発事故の起こる9年前の2002年刊行されている。1990年代に作者が参加した原発や核燃料サイクル施設の見学会等で感じた危機感を元に、書いたという。そろって70歳を過ぎてしまった主人公夫婦は、今では希少価値となった自然環境の下で、自然の食品を食べて“3年間”生きられる「リゾートピア・ムツ」を選択した。不気味な世界。怖。2021/12/21

のぼる

23
篠田さん5冊目。 『不気味』『不穏』『気色悪い』など、『怖い』まではいかないが、それに近い感覚になる粒揃いの作品群。 今後もたまに読んでいきたい。 2021/04/03

ぷく

23
きりきりとした緊張感に力が入り、一話読み終えるたびに、詰めていた息をようやく吐く。 表面張力が弱まり、低温であるが高濃度の恐怖がじわじわと流れ出す。それを恐怖だと認識しているのが、もしかしたら、本のこちら側にいる私だけだったとしたら…そんなことがふと頭をよぎって、さらに恐ろしくなる。断トツで表題作。『子羊』『リトル・マーメード』を挙げる。 2020/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4724911

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。