富士見L文庫<br> 鬼はたまゆら、帝都に酔う

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

富士見L文庫
鬼はたまゆら、帝都に酔う

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月25日 03時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040749990
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

◆◆◆あらすじ◆◆◆

帝都軍で怪異を討伐する神宮寺彰人は、冷酷な軍人として民衆に恐れられている。
その彼に《千鬼の頭目》と呼ばれる鬼――嵐花の討伐命令が下った。
嵐花は絶世の美貌と強大な力を持ち、帝都中で騒ぎを起こすが、気まぐれに人助けもし、どこか憎めない。
そんな嵐花に彰人は無意識に惹かれてしまい、この鬼を討つことは正しいのか、と苦悩し始める。
迷いつつも軍人として任務を果たそうとする彰人。
だが鬼を討つ術には彰人自身の命が必要で……!?

孤高の軍人と美しき鬼。桜舞う帝都の追走劇、ここに開幕――!

◆◆◆登場人物◆◆◆

◆神宮寺彰人(じんぐうじあきひと)
帝都軍陰陽特務部少尉。
当代随一の術者で、怪異討伐のためなら容赦がないと恐れられている。

◆嵐花(らんか)
《千鬼の頭目》と呼ばれる伝説の悪鬼。
帝都中で騒ぎを起こすが、どこか憎めない一面がある。

内容説明

帝都軍で怪異を討伐する神宮寺彰人は、冷酷な軍人として民衆に恐れられている。その彼に“千鬼の頭目”と呼ばれる鬼―嵐花の討伐命令が下った。嵐花は絶世の美貌と強大な力を持ち、帝都中で騒ぎを起こすが、気まぐれに人助けもし、どこか憎めない。そんな嵐花に彰人は無意識に惹かれてしまい、この鬼を討つことは正しいのか、と苦悩し始める。迷いつつも軍人として任務を果たそうとする彰人。だが鬼を討つ術には彰人自身の命が必要で…!?孤高の軍人と美しき鬼。桜舞う帝都の追走劇、ここに開幕―!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

色素薄い系

4
式神にした子狐が可愛かった。空気読めない所が特に(笑)彰人にとって妖は全て悪でないといけない、という偏った考え方を壊してくれた嵐花とはこれからどういう関係になっていくのだろうか。感謝を素直に伝えた事を茶化されそれ(恥)を無かった事にすべく斬りかかるのは距離が近くなった証拠なのかな。でも真剣に言ったこと茶化されたらキレるのは分かるから嵐花が良くなかったと思うよ。2024/02/05

てみさま

2
本の帯どおり孤高の軍人と美しき悪鬼の話で、表紙どおりのイケメンな二人。トムとジェリーもしくはルパン三世と銭形警部のような関係になった彰人と蘭花。大人になった寿太郎の姿も見てみたいな。2023/11/27

桜城誠

2
怪異嫌いの軍人と鬼のバディものかと思って読んだら全然違った。江戸っ子気質な鬼が人の心のわだかまりを解く話。特に寿太郎との話は良かった。嵐花の気ままな人助け珍道中が読みたい。2023/10/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21396618
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。