富士見L文庫<br> 龍に恋う〈6〉―贄の乙女の幸福な身の上

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

富士見L文庫
龍に恋う〈6〉―贄の乙女の幸福な身の上

  • ウェブストアに305冊在庫がございます。(2024年04月21日 05時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040747057
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

■□■ 大重版が続く超人気シリーズ、待望の6巻! ■□■

 珠(たま)を守るため自らを封じた銀市(ぎんいち)。彼を救うべく、珠は命を賭けて封印に入り込む。刻限は彼女を守る"髪飾り"の牡丹の花が散りきるまで――。
 しかし、封印の中で再会した銀市は記憶を失い、珠を「知らない」と言い放つ。珠はそこで、人を拒絶していた遠い過去の銀市を知ることに。それでも一心に彼のことを想い……。一方の銀市も、見知らぬはずの少女・珠に記憶を揺さぶられ、どうしようもなく彼女に心寄せてしまう己に戸惑っていた。
 刻々と時が迫るなか、封印の内側では、銀市の人生の岐路(きろ)となった江戸の大火事件が再現され……?

■□■ 登場人物紹介 ■□■

上古 珠(かみこ たま)――数えで16歳となる小柄な少女。銀市に助けられ、雇用される。

古瀬銀市 (ふるせぎんいち)――外見は20代後半の青年。寒空に放り出された珠を拾い、見守る。

瑠璃子(るりこ)――ボブカットの美女。カフェーで働いているモダンガールだが、その正体は……。

御堂智弘(みどうともひろ)――眼鏡をした、三十代半ばの黒髪黒目の軍人。銀市と付き合いがあるようなのだが……。

内容説明

珠を守るため自らを封じた銀市。彼を救うべく、珠は命を賭けて封印に入り込む。刻限は彼女を守る“髪飾り”の牡丹が散りきるまで―。しかし、封印の中で再会した銀市は記憶を失い、珠を「知らない」と言い放つ。珠はそこで、人を拒絶していた遠い過去の銀市を知ることに。それでも一心に彼のことを想い…。一方の銀市も、見知らぬはずの少女・珠に記憶を揺さぶられ、どうしようもなく彼女に心寄せてしまう己に戸惑っていた。刻々と時が迫るなか、封印の内側では、銀市の岐路となった江戸の大火事件が再現され…?

著者等紹介

道草家守[ミチクサヤモリ]
2013年からWEBで小説投稿を開始し、2015年に作家デビュー。以来、繊細な描写で人気を博す、実力派作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mariann

18
ものすごく気になる展開で終わった前作。今回は珠ちゃん、封印された銀市を迎えに掛け軸の中へ⁈なかなか素っ頓狂な展開だけど掛け軸の中の世界は珠の事を知らない銀市が居て‥ ここは銀市が心を残した世界なのでつつがなく生活を送っているようで様々な時空が歪んでる。彼が心を許した豊房は豪放磊落な人物で珠を暖かく迎え入れてくれる。彼の存在が銀市には必要だっただろう。リミットは灯佳様からもらった牡丹の花弁がなくなるまで。大丈夫だとわかってはいるもののドキドキハラハラ。次回はアダムについてだろうか。楽しみです。2024/04/15

冬野

14
シリーズ6作目。ほぼ一年ぶりの新刊。なんだか感情描写がものすごくお上手になってませんか…!?とても良かった。まず強い意志が宿った表紙の珠の表情にグッとくる。空っぽだった珠が銀市から受け取った温かい感情を、今度は銀市に返していく…エモい構図ですねえ。半妖ゆえの銀市の葛藤に寄り添い、二人で生きるための道しるべを見つけ出す。四季の移ろいと共にある生活も、銀市の友人・豊房(鳥山石燕)もよい彩りとなっていた。状況としては足踏みだけど、心情的にはとても大きな一歩。次巻(早めに出ると嬉しいな)も楽しみです。星:5/52024/03/30

dorimusi

9
掛け軸の中に自ら封じた銀市を珠が迎えに掛け軸の中に入って一緒に出てくるまで。設定を変えてよくある王道パターンなお涙ちょうだいな話しではあるけど、まぁ王道らしく楽しめました。ついにタイトル回収もした感じだしこれで大団円か!?と思ったらまだ続く。しかも次巻で区切りって言ってるからまだまだ続くんですね。。。2024/03/10

himico

9
★★★★☆ 珠ちゃん˚‧º·(இДஇ)‧º·˚.めちゃくちゃ頑張りました!読み終わってから表紙を見るとなおさら熱いです。この巻で第1シーズン完という感じかな。でもまだまだ銀市&珠、銀古の面々の続きを楽しみにお待ちしています。2024/02/16

あずとも

7
珠が銀市を取り戻す為掛け軸の中の世界へ。珠の頑張りで銀市は半妖である自身をようやく受け入れることができ皆で無事お正月を迎える。珠が本当に成長したなとしみじみ。2024/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21740795
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。