富士見ファンタジア文庫<br> じつは義妹でした。〈2〉―最近できた義理の弟の距離感がやたら近いわけ

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
じつは義妹でした。〈2〉―最近できた義理の弟の距離感がやたら近いわけ

  • 提携先に86冊在庫がございます。(2022年05月19日 23時49分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 316p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040744827
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

義妹・晶との近い距離感は相変わらずで積極的なアプローチしてくる日々! そんな時、学校で迫る文化祭。なんと晶が演劇部に入り、美男子主演をやることに!? 可愛い妹のため俺も恋人役として練習に付き合い…!?

内容説明

気安く、可愛すぎる弟…のような義理の妹・晶。彼女の想いを伝えられてからも距離感は変わることなく。いや、むしろさらに距離感が縮まって、ドキドキな兄妹生活が続く毎日!?そして学園祭の季節。演劇部でひなたがジュリエットを、そしてなんと晶がロミオを演じることに!?極度の人見知りを克服して、俺を安心させたい。そんな想いの晶を、兄として全力で応援するしかない!そう思っていたら…「兄貴、キスの練習…して?」刺激的なお願いと、ハプニングの連続で、さらなる波乱の幕開けだった!?兄妹として、男女として。晶と俺がまた少し、成長していく第2巻!

著者等紹介

白井ムク[シライムク]
岩手県盛岡市出身。第9回講談社ラノベ文庫新人賞にて『俺がピエロでなにが悪い!』で佳作受賞。同作でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

オセロ

29
晶から想いを伝えられ、兄妹として距離が縮まり甘々な日々を過ごしていた涼太と晶。そんなある日、文化祭で演劇部を助ける為にひなたと晶でロミオとジュリエットを演じることに。 人見知りを直す為に奮闘する晶と、そんな晶を献身的に支える涼太の関係は微笑ましい限りです。 そして迎えた文化祭ではひなたにハプニングが起きたが故の、ひなたと光惺の兄妹がが向き合う展開や、何としても劇を成功させたいという演劇部の情熱にはグッとくるものがありました。次巻も楽しみです。2022/02/20

よっち

29
義妹・晶との距離感が縮まってドキドキな兄妹生活が続く毎日。そして学園祭で演劇部でひなたがジュリエットを、そしてなんと晶がロミオを演じることになる第二弾。極度の人見知りを克服して兄貴を安心させたい晶を、兄として全力で応援する覚悟を決める涼太。若干過保護なブラコン気味の涼太の優しさに、ますます想いを募らせてゆく晶の関係は微笑ましい感じでしたけど、今回はひなたと光惺というもう一つの兄妹の関係も掘り下げてゆく展開で、演劇部の子たちの思いや、トラブルにも何とかしようと奔走したその結末にはぐっと来るものがありました。2022/02/19

nishiyan

18
義妹・晶から想いを告げられ、家族としてだけでなく、ますます縮まる距離感にドキドキな涼太。そんな二人が学園祭で演劇に挑戦する本巻。劇中劇はお馴染み「ロミオとジュリエット」とロミオ役に四苦八苦するものの、自分を変えるために奮闘する晶と懸命に彼女をサポートする涼太が上田兄妹や両親と周囲を巻き込んで結実する様は心地よい。上田兄妹の確執の秘密が掘り下げられた点は興味深い。晶にあてられた部分が大きいのが愉快。また演劇部の西山和紗がなかなかのくせ者なのが面白い。今後は演劇ネタを交えた展開となるのだろうか。次巻が楽しみ。2022/03/01

rotti619

14
義弟だと思っていたら義妹だった話の2巻。義妹の晶は完全に気持ちをオープンにしていて、涼太へグイグイいくが外では相変わらず…な所に、文化祭でロミオ役で演劇に出て欲しいと言われた事で、2人の関係に大きな変化が起こる。献身的に晶を支える涼太と健気に応えようとする晶の姿に周りにも変化が起きる所は、王道ながら読んでて楽しかった。涼太ががんばったから、今の晶がいる。この愛情は家族なのか兄妹なのか、それとも。上田兄妹だけでなく今回から登場した演劇部員達、涼太達の家族や晶の実父もキャラが立っていてとても良かった。2022/02/28

真白優樹

12
晶が涼太に更にぐいぐい迫る中、文化祭で演劇部の助っ人にひかりと晶が抜擢される今巻。―――見惚れるような結末を、例え根底から壊してでも。 更に仲良く、息ぴったりにいちゃついたりする中で晶が成長しようと歩き出す今巻。彼女に影響され涼太も踏み出す、影響が影響を招き成長を促す巻であり、前巻にも増して甘くて熱い巻である。もう決定づけられた変化と変わらず深まる気持ち。いつかは行きつく所まで行きつくであろう二人の関係の行方とは。そして、いつか二人の前に試練が訪れたりするのであろうか。 次巻も勿論楽しみである。2022/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19263057

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。