富士見ファンタジア文庫<br> 公女殿下の家庭教師〈12〉約束の花園

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
公女殿下の家庭教師〈12〉約束の花園

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月10日 04時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 318p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040744780
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

水都で起きた陰謀の糸を引いていたのは――聖霊教だった。
大英雄の副官を名乗る吸血鬼、アリシア・コールフィールド。
史書に残る伝説・【花天】の弟子、イオ・ロックフィールド。
そして黒幕・偽聖女。

アレンはリディヤと数名の仲間だけで、彼女たち聖霊教と戦わなければならない。
まさに絶体絶命――

「先生を――」「兄様を――」「「助けに来ましたっ!」」

そこに到着したのは、『七塔要塞』を攻略した教え子たちの救援。

水都を救うため、友人を助けるため。
無自覚規格外な家庭教師は、教え子たちとともに強大な敵に立ち向かう! 

波乱の水都編。全ての決着の先は――水都中央。約束の、花園。

内容説明

水都で起きた陰謀の糸を引いていたのは―聖霊教だった。大英雄の副官を名乗る吸血鬼、アリシア・コールフィールド。史書に残る伝説・“花天”の弟子、イオ・ロックフィールド。そして黒幕・偽聖女。アレンはリディヤと数名の仲間だけで、彼女たち聖霊教と戦わなければならない。まさに絶体絶命―「先生を―」「兄様を―」「「助けに来ましたっ!」」そこに到着したのは、『七塔要塞』を攻略した教え子たちの救援。水都を救うため、友人を助けるため。無自覚規格外な家庭教師は、教え子たちとともに強大な敵に立ち向かう!波乱の水都編。全ての決着の先は―水都中央。約束の、花園。

著者等紹介

七野りく[ナナノリク]
第3回カクヨムWeb小説コンテスト、異世界ファンタジー部門にて「公女殿下の家庭教師』で大賞を受賞。同作品でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

26
アレンはリディヤと数名の仲間だけで、彼女たち聖霊教と戦わなければならないまさに絶体絶命の危機。そこに『七塔要塞』を攻略した教え子たちの救援が到着する第十二弾。水都で起きた陰謀の糸を引いていた聖霊教。アレンを慕う教え子たちの真摯な想いがあって、水都を救うため、友人を助けるため、アレンが教え子たちとともに強大な敵に立ち向かう展開はまさにオールスターの総力戦で、各々が死力を尽くしたその決着の先にはまたいろいろあったりもして、その後の展開も気になるところでしたけど、その最後に果たされた約束がなかなか印象的でした。2022/07/21

1
水都編、完結。やはりアレン先生はアレン先生でした。王女様がちゃんと出てきたのは初めてだったかな?なんかおもしろそうなのでもうちょっと出てきてほしい。ところで最後のシーンはもうルート確定なのでしょうか。気になる。2022/07/27

nyamu

0
ちょっとキャラが増え過ぎかな。。。2022/07/30

遥海

0
この主人公って自分では気付いてないだけで自殺願望があると思う。 常に危険なとこに出てくし、杖とかもらってもじょうとしちゃうし。 自分の魔力た制御技術だけでなく、リディア達以外での強化がいると思うんだけどね。 2022/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19789955

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。