富士見L文庫<br> 龍に恋う〈4〉―贄の乙女の幸福な身の上

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見L文庫
龍に恋う〈4〉―贄の乙女の幸福な身の上

  • ウェブストアに80冊在庫がございます。(2022年08月15日 09時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040744179
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

●〇●待望のシリーズ4巻!●〇●

 勤め先の先輩である瑠璃子(るりこ)が出奔してしまったーー。折しも、口入れ屋・銀古(ぎんこ)の繁忙期。珠(たま)は瑠璃子の代わりに、秋桜(コスモス)の咲き乱れる洋館での勤めを任される。
 珠なりに洋館の"人ならざる者"に真摯に向き合って縁が結ばれ、洋裁を習うことに。銀市(ぎんいち)のシャツを仕立てながら彼を想い、しだいに乙女らしい感情も育んでいく。
 銀市も彼女の花開く姿を慈しむ一方、珠がいずれ自分の手を離れる予感と、只人として生きるには強すぎる彼女の贄の力を憂いていた。さらに、瑠璃子失踪の原因となった存在も珠にそそられ……?

●〇●道草家守の新作『青薔薇アンティークの小公女』も2022年5月、同時刊行●〇●

内容説明

勤め先の先輩である瑠璃子が出奔してしまった―。折しも、口入れ屋・銀古の繁忙期。珠は瑠璃子の代わりに、秋桜の咲き乱れる洋館での勤めを任される。珠なりに洋館の“人ならざる者”に真贄に向き合い、縁を結んだことで洋裁を習うことに。銀市のシャツを仕立てながら彼を想い、しだいに乙女らしい感情も育んでいく。銀市も彼女の花開く姿を慈しむ一方、珠がいずれ自分の手を離れる予感と、只人として生きるには強すぎる彼女の贄の力を憂いていた。さらに、瑠璃子失踪の原因となった存在も珠にそそられ…?

著者等紹介

道草家守[ミチクサヤモリ]
2013年からWEBで小説投稿を開始し、2015年に作家デビュー。以来、繊細な描写で人気を博す、実力派作家。第2回富士見ノベル大賞にて審査員特別賞を改題・改稿のうえ上梓した「龍に恋う」シリーズ、『青薔薇アンティークの小公女』(富士見L文庫)など、著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミヤビ

22
4巻目。猫又の瑠璃子が銀古を退職し、瑠璃子の変わりのお仕事を珠がすることに。本作では初めて西洋ものが登場し、新たな雰囲気にワクワクしながら読みました。1巻から割とメインキャラである瑠璃子の成り立ちを知れてよかった。瑠璃子はもちろん、妖も人間も魅力溢れる方ばかりで読んでいて楽しい。人や妖との付き合い方を銀古で働くことで知り、感情が表に出るようになっていく珠が可愛くて涙が出そうになる。巻を追うごとに珠のことが大好きになっていく。そして新たに芽生えた想いがどう育っていくのか、とてもとても楽しみです。2022/05/18

ルシュエス

19
借り物。今回は洋装など渡来物が中心・瑠璃子の過去編。 珠が大分感情を表に出せるようになってきました。まだ自分の気持ちの機微に少し疎いですが…。気づいた時、どういう行動に出るのだろうか…。2022/05/30

coco夏ko10角

16
第4弾。瑠璃子が辞職願を出していなくなってしまった、なバタバタ。瑠璃子も好きなキャラだし面白かった。表紙もかわいい。渚くんは第一印象悪かったけど基本いい人だし今後も登場しそう。あとコスモスの君のお話いいなぁ、こういうの大好き。2022/07/06

まぁ

8
今回は出てくる舞台が洋風でした。瑠璃子さんに焦点をあてながら、珠さんが憧れを自覚するのもほのぼのとしました。前を向いて自分のことは自分で決めるって断言出来る瑠璃子さんはかっこいい猫又さんなのでした。2022/05/26

雪猫

6
電書 ★★★★★ 珠ちゃん、胸の違和感!かわいいなぁ。腕を振り回す貴姫も気合で何とかしようとする貴姫もかわいいなぁ。少しずつ自覚していく球が可愛くて愛おしい。  銀一の心に楔が打ち込まれたけど、押さえ込もうとは ... でもまぁ、するよね。 続きが楽しみ。2022/06/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19570391

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。