ドラゴンノベルス<br> 黒聖の剣士―帝国の最終兵器と氷雷の魔女

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

ドラゴンノベルス
黒聖の剣士―帝国の最終兵器と氷雷の魔女

  • ウェブストアに26冊在庫がございます。(2022年01月18日 10時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 267p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040743769
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

帝国と皇国は、聖杯を巡る聖戦を300年繰り広げていた。そんな帝国には、『七天』と謳われる七人の最強の魔剣士たちがいた。その中で 弱冠17 歳で七天最強の座につき、帝国の最終兵器として秘匿された男がいた。男の名はリオン、またの名を――『黒聖』。リオンは幼きころ母親を殺め、行方不明となった父親を探していた。そんなリオンは聖戦というのは名ばかりの凄絶な戦争に異議を唱えたが、皇帝たちに危険思想と判断され、幽閉されてしまう。しかし、捕らえられた仲間を解放すべく監獄に攻め込んできた敵国の皇女エリスティーナに助けられたことで、最終兵器としてのリオンの運命が動き出す。なんとリオンは助けてくれたエリスティーナに共鳴し敵である皇国に付くことに。敵軍の中、リオンは徐々に信用され、皇国最強へと昇り詰めてゆくのだった――。戦争を終わらせるために命をかける姿、そして父親の真意を探す旅を描く物語。

内容説明

二本の黒き聖剣が戦場に旋風を巻き起こす!すべての願いが叶うという聖杯を巡る聖戦が勃発して300年。戦況打破のため、帝国は最終兵器として秘匿してきた魔剣士リオンに出陣の命を下す。しかし戦いに疑問を抱くリオンは、敵国の皇女エリスに共鳴、敵に加勢し故国に立ちはだかる。敵についたリオンを狙い、次々と送り込まれる恐るべき刺客たち。解き放たれた魔剣士が強敵と運命を無双する!

著者等紹介

WING[WING]
小説家、漫画原作者。WEBを中心に活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。